浦和レッズ 宇賀神友弥 TOMOYA UGAJIN Vol.1「地元の戸田に恩返しがしたかった」

Jリーグの名門クラブ、浦和レッズで10年以上も活躍し続けているプロサッカー選手・宇賀神友弥。
日本有数のサイドプレーヤーには、もう一つの顔がある。それが地元・埼玉県戸田市で運営するフットサルコートとサッカースクールだ。
現役選手の間に立ち上げた理由、子どもたちに伝えたいメッセージ、サッカー選手としてのこだわり……。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

戸田から2人目のサッカー選手を出すために

――宇賀神選手は2018年に現役選手でありながらフットサルコートをつくって、サッカースクールを開校しました。

プロサッカー選手になったら叶えたかった夢でした。僕は埼玉県戸田市出身のプロサッカー選手の第1号なんです。それから10年以上が経ちましたが、2020年の時点でまだ2人目が出てきていません。ちゃんとお金を稼げるようになったら、地元へ何かしら恩返しをしたいなと思っていました。

――それがUGAJIN ESFORCO PLACEだったわけですね。

はい。

――戸田市からサッカー選手が生まれてこない理由は?

うーん、なんでなんだろう……。人口が少ないわけでもないですし、浦和レッズや大宮アルディージャなどのJクラブもある。ただ一つ確かなのはサッカーをする環境が良くないのかなと。戸田市のサッカー関係者と情報交換をしても、正直盛り上がっていないよねという言葉が出てきます。

――なぜサッカーが盛り上がらないんでしょう?

まず、戸田市内で球技ができる公園が3つしかないんですよ。そういうところから変えていかないといけない。今は学校の校庭とかでも自由にボールを蹴ることができません。サッカーゴールがない学校もあります。僕らが小さい頃は朝早く行ってサッカーをしていたし、学校が終わってからもやっていましたけど、今は防犯面から学校が開放されなくなっている。どんどんサッカーがしづらくなっているんです。

――そういう状況をなんとかしたかった。

自分が生まれ育った場所だからこそ、もったいないし、悲しいなと思います。Jクラブのユースや強豪高校に行っている子がいるという話も聞きます。でも、プロ選手が出ていないのは何かしらの理由があるはずなので。

――これまでにもアクションを起こしてきたのでしょうか?

「宇賀神カップ」という少年サッカー大会を開催しているんですが、スポンサーを募って大会を運営して、その利益でサッカーボールを買って小学校に寄付するということをやっています。ただ、サッカーボールがないという小学校もあるんです。理由を聞いたら「ボールが当たったら危ないから」と……。それじゃあ、サッカーをやる人も増えないし、サッカーのレベルも上がっていかない。じゃあ自分がやらなきゃと思ったんです。

――サッカーのレベルを上げるために必要なことは?

戸田市サッカー協会は「中学生への橋渡し」というのがコンセプトらしいんです。みんなで楽しくやるために、基本的に競い合ったりとか、白黒をはっきりさせるのをしないようにしていると。その方針がダメだとは思わないですが、サッカーがうまい子は出てきづらいとは思います。

――小学校時代にプレーしていた戸田南FCはどんなチームだったのでしょうか。

めちゃくちゃ厳しかったです。普通のサッカー少年団なんですけど、フィジカルトレーニングもありましたし、試合に負けたら罰走させられる。監督も怖かったなぁ……。でも、今はだいぶ変わったみたいです。昔のやり方がよかったと言いたいわけではありません。ただ、、うまくなりたい、強くなりたいという選手のための環境づくりも必要なのかなと思います。

関連記事