• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 浦和レッズ 宇賀神友弥 TOMOYA UGAJIN Vol.2「現役選手のうちに立ち上げたかった」

浦和レッズ 宇賀神友弥 TOMOYA UGAJIN Vol.2「現役選手のうちに立ち上げたかった」

Jリーグの名門クラブ、浦和レッズで10年以上も活躍し続けているプロサッカー選手・宇賀神友弥。
日本有数のサイドプレーヤーには、もう一つの顔がある。それが地元・埼玉県戸田市で運営するフットサルコートとサッカースクールだ。
現役選手の間に立ち上げた理由、子どもたちに伝えたいメッセージ、サッカー選手としてのこだわり……。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

サッカー選手として視野が広がった

――ビジネスをするのは引退した後でもできると思うのですが、なぜ現役選手として活躍している今だったのでしょうか。

戸田の子どもたちのことを考えると1日でも早くやりたかったんです。戸田市でこういう場所を作るのは、戸田市出身で1人しかいないプロサッカー選手の自分が動き出さなかったら、何年後になるかわからないじゃないですか。

――現状を嘆くだけでなく、まずは行動に移すと。でも、現役選手との両立はかなり大変な気がするんですが……。

簡単じゃないです(笑)。本業はプロサッカー選手ですし、目の前の試合をしっかりと戦うことが何よりも大事です。他のことをやっていたからパフォーマンスが下がったとは絶対に言われたくなかったので。

――ただ、一般的にはサッカー選手の間はプレーに集中しろという見方も根強くありますが。

うーん、僕はそれは逆なんじゃないかなと。

――逆ですか?

元日本代表の森岡隆三さんと話したことがあるんですが、サッカーとビジネスって共通点があるんです。攻めるところと守るところ、ここは行こう、ここは止めておこうという見極めがすごく大事になってくる。それを間違えると勝敗が決まってしまう。人を見る目も養われますし、チームの作り方も学ぶものが多いと思っています。

――どんな人が現役選手とビジネスマンの両立に向いていると思いますか。

オンとオフの切り替えができる人間はやったほうがいい。サッカーの時も仕事のことを考えているのはダメだと思いますが、サッカー選手はプレーしている以外の時間が結構あるので、そこでビジネスをやることはサッカーにもプラスに働くんじゃないかと。

――経営者になることで宇賀神選手のプレースタイルも変わってきそうですか?

昔は本当にがむしゃらというか、運動量とかスピードで勝負する感じだった。だけど、年齢を重ねるごとに相手との駆け引きが面白くなってきたんです。いつ行けば相手は嫌がるのか、どこにポジションをとれば優位に立てるのか。視野が広がってきたというか、余裕が出てきたのかもしれません。

関連記事