• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • Jリーグ理事 佐伯夕利子 YURIKO SAEKI Vol.3「日本の指導者ライセンスは閉ざされている」

Jリーグ理事 佐伯夕利子 YURIKO SAEKI Vol.3「日本の指導者ライセンスは閉ざされている」

サッカー先進国・スペインで指導者としての道を切り開き、アトレティコ・マドリー、バレンシア、ビジャレアルなどで重要な役割を任せられてきた佐伯夕利子。
「ニューズウィーク日本版」で「世界が認めた日本人女性100人」にノミネートされるなど、サッカーで活躍する女性のベンチマーク的存在でもある。
2020年よりJリーグ理事に就任した佐伯は、日本サッカーが発展するために何が必要だと考えているのか。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

現役中からライセンスをとったほうがいい

――サッカー界の課題として優秀な指導者をどう育てていくかというところもあります。現状だと日本代表歴のある人でもJリーグで監督ができるために必要なS級ライセンスを取るには3、4年はかかる。2020シーズンで引退した中村憲剛選手であれば監督としてのキャリアを始めるのが43、4歳になってしまいます。こういったことは日本だけなのか、それともスペインでも同じような環境なのでしょうか。

今おっしゃったようなキャリアのある選手たちは引退が見えた段階でライセンス取得を目指すので、当然遅いスタートになりますよね。一方で20代の頃からライセンスを取り始めるという選手も増えてきています。サッカー選手にも現役中からセカンドキャリアを考えていかななければいけないという意識が徐々に浸透してきているのでしょう。

――佐伯さんがライセンスを取り始めた当時はどんな環境でした?

私がライセンスを取り始めた1993年の同期には、現スペイン代表監督のルイス・エンリケがいます。私は19歳で彼も22歳でしたが、私はトップレベルでの競技経験はありませんでしたが、ルイス・エンリケはスペイン代表として活躍していた文句なしのトップ選手でした。ルイス・エンリケのように自分のキャリアを設計できている選手は、引退した時点でライセンスを持っているので、スムーズに指導者へと移行していけます。でも引退後にイチからライセンスをとるのは、時間的なロスがあるのは間違いありません。

――確かに……。

キャリアのある選手は蓄えもあるので、時間的、経済的な余裕があると思いますが、そうではない選手のほうが圧倒的に多い。ですから指導者という志を持つのは早ければ早いほどいいと思います。現役の間に指導者の勉強をすることで、サッカーの見え方が豊かになって、プレイヤーとしても向上するというのは多くの選手が言っています。現役選手へ積極的に指導者ライセンスの取得を勧めていくというのは一つの方法だと思います。

関連記事