• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • Jリーグ理事 佐伯夕利子 YURIKO SAEKI Vol.2「優秀なタレントを見落とすのはありえない」

Jリーグ理事 佐伯夕利子 YURIKO SAEKI Vol.2「優秀なタレントを見落とすのはありえない」

サッカー先進国・スペインで指導者としての道を切り開き、アトレティコ・マドリー、バレンシア、ビジャレアルなどで重要な役割を任せられてきた佐伯夕利子。
「ニューズウィーク日本版」で「世界が認めた日本人女性100人」にノミネートされるなど、サッカーで活躍する女性のベンチマーク的存在でもある。
2020年よりJリーグ理事に就任した佐伯は、日本サッカーが発展するために何が必要だと考えているのか。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

良い選手は誰が見ても良い選手

――佐伯さんはバレンシアやビジャレアルでトップチームおよび育成部門の重要なポストを務められてきましたが、なぜスペインからは優秀な選手がたくさん生まれてくるのでしょうか。

結論から言うと、良い選手というのは、誰が見ても良い選手なんです。私たちはマジシャンではないので、普通の才能を持った選手を天才に仕立てあげることはできませんし、誰も気づかなかったすごい才能をいきなり発掘することもありません。タレントがある選手のキャリアを共にサポートをしてあげながら、レールを踏み外さないように、さらにバージョンアップをしていくためのお手伝いをするというのが私たち指導者やチームを統括する責任者の役割だと思います。

――優秀なタレントを持った選手を“発見”するのが指導者の役割なのかと思っていましたが……。

スペインは全国にスカウティング網がすごい張り巡らされています。だから特別な才能を持った子どもがいれば、何かしら引っかかってきますし、見落とすことはまずありません。私がお世話になったアトレティコ・マドリード、バレンシア、ビジャレアルという3つのクラブは、間違いなく素材が良い選手が集まってきています。そうして全国から精鋭たちを集めていても0.1%くらいしかプロにはなれないという現実です。

――そうしたスカウト網というのはどのように構築されているんですか?

ビジャレアルに限らずどのプロクラブでもそうですが、国内においては各州に最低1人は契約スカウトを置いています。例えばマドリッドやバルセロナなどのサッカー人口が多い大都市やアンダルシア州は面積が広いので2〜3人いる場合もあります。ほとんどの場合は各地域にいる地元の方です。なぜクラブ本部から人を派遣しないかというと、各地域によって情報源や関係性などさまざまな要素があるからです。そのようにして毎週末、各地域で行われている全カテゴリーのリーグ戦を見て回って、各担当からクラブのプラットフォームに選手の情報を上げてもらいます

――すごい……。

たくさんのフィルターをかけながら何千、何万という選手を小学生年代から全部見ているわけです。評価基準には「次は見る必要はない」「引き続き追跡の価値あり」「即獲得すべき」などがあります。これをトップリーグだけでなく、2部のクラブもやっている。つまり、42クラブが各県、各州で行っている。だから、優秀なタレントがこぼれ落ちることはあり得ないんです。

関連記事