ヴォレアス北海道 池田憲士郎 KENSHIRO IKEDA Vol.3「ヴォレアスが子どもの未来をつくる」

北海道第二の都市・旭川からスポーツ界に新たな革命が起きている。プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」だ。
1万円以上の高額チケット、派手な演出を盛り込んだイベント、キャッシュレス決済のいち早い導入など新しい仕掛けで驚かせてきた。
このチームを2016年に設立した池田憲士郎は“バレー界の異端児”と呼ばれる。30代の若きリーダーが目指すものとは。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

メインターゲットは女性ファン

――ヴォレアス北海道を熱心に応援しているのは、どの年代なのでしょうか?

40代の女性がメインです。北海道では冬の間は屋外でスポーツをするのが困難なので、バレーボール人口がとても多い。特に、40代以降の女性による“ママさんバレー”が盛んに行われています。バレーボールに興味があって、なおかつ比較的時間がある。ヴォレアスの選手たちを自分の息子のような感覚で応援してくれています。

――確かに、ヴォレアスの試合会場には女性ファンが目立ちます。

7:3で女性が多いです。

――試合会場ではSNSによる発信を呼びかけています。

試合会場では一部制限をつけて積極的に写真や映像をアップできるようにしています。ただ、旭川にはSNSのアカウントを持っている人が少ないんです。Facebookはやっていても、TwitterやInstagramはやっていないとか。だからハッシュタグをつけて投稿するなどの企画をやって、SNSをどんどん活用してもらうように呼びかけています。

――SNSを通じた発信はチームにとっても重要ですか?

もちろんです。広告予算が限られているチームにとっては、お客さんがクチコミをどれだけ出してくれるかはとても重要です。ただ、10代、20代のほうがSNSの感度が高いので、今後はそうした若年層のファンをどれだけ取り込めるかは課題です。

――どうやってお客さんのニーズをつかんでいるのでしょうか。

電子チケット、キャッシュス化による蓄積したデータです。また、試合中も基本的にほとんどコートは見ていないんです。むしろ、見ているのはお客さんのリアクションです。演出はハマってるのか。どこで喜んでくれているのか。そうしたものを感じて、数値化し、どんどん改善しています。

関連記事