ヴォレアス北海道 池田憲士郎 KENSHIRO IKEDA Vol.2「なぜ1万円のチケットが売れるのか?」

北海道第二の都市・旭川からスポーツ界に新たな革命が起きている。プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」だ。 1万円以上の高額チケット、派手な演出を盛り込んだイベント、キャッシュレス決済のいち早い導入など新しい仕掛けで驚かせてきた。 このチームを2016年に設立した池田憲士郎は“バレー界の異端児”と呼ばれる。30代の若きリーダーが目指すものとは。 「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

バレー界初の完全キャッシュレス化

> ――ヴォレアス北海道はスポーツ界の中でも先進的な取り組みをすることで注目を集めています。

私たちがこだわっているのは“一番”になること。例えば、2019年からホームゲームで完全キャッシュレスを導入しました。アリーナ内でお買い物をするときの決済方法はチャージ型のプリペイドカードのみ。バレーボール界では初めてですし、プロスポーツ全体でも初の試みだったと思います。

――完全キャッシュレスに踏み切ったのはなぜでしょうか?

2018年8月でドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントのホームスタジアム「ジグナル・イドゥナ・パルク」に視察に行ったんです。驚いたのが、スタジアムの中で誰も現金を使っていないこと。チャージ機能付きの電子決済カードを発行していて、エントランスでチャージをするか、チャージ済みの方ばかり。お客さんはみんなそれで買い物をしていたんです。財布を取り出す必要がないですし、お釣りとかのやり取りがないから回転が早くなって、お客さんのストレスも軽減される。「これ、やろう」と。

――ただ、旭川のような地方都市では“現金文化”も根強いのでは?

おっしゃるとおりです。東京などと比べるとキャッシュレスの普及はかなり遅れています。でも、裏を返せばチャンスなんじゃないかと思っていて。私たちの試合を見に来たお客さんはある意味で強制的にキャッシュレスを体験します。最初は渋々かもしれませんが、実際にやってみると現金よりも便利なことに気づく。スポーツ観戦がキャッシュレス体験のきっかけになるんです。

――キャッシュレスのメリットを感じてもらうための工夫は?

さまざまな特典をつけたんです。会場内の飲食・グッズ購入でポイントがたまるのはもちろん、ホームゲームの来場ポイントや勝利ポイントもつきます。キャッシュレスにしたほうがお得だと感じてもらえるかはすごく重要です。しかも、アリーナ外でのお買い物金額の0.5%はチーム強化費に充てられるので、普段の買い物が間接的にヴォレアスの応援になります。会場での決済情報もデータに蓄積されるのでサービスに転換が可能です。また、コンビニとかでカードを出した時に友達や同僚から「それは何?」と聞かれたら、ヴォレアスの話をしてもらえるかもしれない。多くのメリットがあると思います。

関連記事