【ヴォレアス北海道】池田憲士郎 KENSHIRO IKEDA Vol.1「旭川発!スポーツ界に革命を起こす」

北海道第二の都市・旭川からスポーツ界に新たな革命が起きている。プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」だ。
1万円以上の高額チケット、派手な演出を盛り込んだイベント、キャッシュレス決済のいち早い導入など新しい仕掛けで驚かせてきた。
このチームを2016年に設立した池田憲士郎は“バレー界の異端児”と呼ばれる。30代の若きリーダーが目指すものとは。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

旭川のほうがチャンスがある

--池田さんが北海道旭川市にプロスポーツチームを作ろうと思ったきっかけは?

率直に言えば「地元やばいな」と感じたからです。2014年に3年ぶりに旭川に帰ってきた時に、実家に帰る途中のバスから風景を見ながら「こんなに寂れていたっけ?」と感じたんです。活気がなくて、どんよりしている。このままではいけない、自分が生まれ育った旭川、そして北海道に恩返しをしなければと考えました。

--北海道から離れたからこそ地元の現状が見えてきたと。

旭川に戻って父が経営する建設会社に入社しました。もちろん平社員からです。当時の会社が直面していたのが高齢化でした。30人ほどの社員のうちのほとんどが50歳以上。30代、40代は数人しかいません。20代の若者からの応募はこない。このままでは会社が立ち行かなくなると感じました。

--なぜバレーボールを選んだのでしょうか?

私自身がバレーボール選手だったことがあります。全くわからないスポーツをやるより成功する確率は高くなります。中高で北海道代表として全国大会に出場したのですが、北海道でバレーを続けたくても環境がないから出ていかざるをえなかった人たちが何人もいたんです。もしも北海道にバレーボールチームがあったら、彼らが戻ってこれるんじゃないかと。もう一つは、北海道にバレーボールチームがなかったこと。北海道全体でいえば、野球、サッカー、フットサル、バスケットボールと主要スポーツチームはありました。第二、第三のチームをつくって限られたパイを奪い合うのではなく、新たなスポーツで立ち上げようと思ったんです。

--北海道では札幌が突出して人口が多くて、ほとんどのスポーツチームも札幌を拠点にしています。

旭川は二番手の都市と言われているものの、あくまでも人口が二番目なだけで、ほとんどのエンターテイメントは札幌に集中しています。人口は札幌が約200万人、旭川は約33万人と6、7倍です。でも、札幌でスポーツチームをやるのは、ビジネス的に言えばレッドーオシャンです。たくさんのライバルの中で勝ち抜かなければならない。旭川の人口は33万人ですがスポーツチームはない。むしろチャンスはあるんじゃないかと思ったんです。

--なるほど。

基本的に“逆張り”が好きなんです(笑)。要するに、強豪がいないフィールドでいかに戦うか。メジャースポーツとはいえないバレーボールでやるのも、大都市の札幌ではなく旭川でやるのもそう。私自身はどこかのクラブで働いた経験があるわけでも、スポーツビジネスを専門的に学んだことはありません。いわば“素人”だからこそ既成概念にとらわれない、自由な発想ができるのは強みだと思っています。

関連記事