• HOME
  • 記事
  • テニス
  • 44年の空白に終止符を打ったバーティー。異変を感じた天才はプランBを実行し憧れの恩師と共に表彰台へ<SMASH>

44年の空白に終止符を打ったバーティー。異変を感じた天才はプランBを実行し憧れの恩師と共に表彰台へ<SMASH>

全豪オープンに優勝したバーティー(右)は、プレゼンターでイボンヌ・グーラゴング(左)が登場し満面の笑みを浮かべた。(C)Getty Images
 彼女が大きなタイトルを取る度に、必ず、ソーシャルメディアに流布する写真がある。ぶかぶかのワンピースを着た少女が、背の丈ほどのラケットを右手に持ち、左手にはトロフィーを握っている一枚。

 試合中にスコールに見舞われたのだろうか、コートは水浸しで、濃紺のウェアにも水滴の跡が残る。だが少女が、雨も気にならぬほどうれしいことは、口角を上げて目を光らせる、無垢な笑みに明らかだ。見る者を思わず笑顔にする写真の少女は、当時6歳の、アシュリー・バーティーである。

 それから19年経った今年の1月。25歳になった写真の少女は、第1シードとして、母国開催のグランドスラム制覇に挑んでいた。ジュニア時代には、スポーツ大国を自負するオーストラリアの過剰な期待を背負い込み、心を壊しかけテニスを離れたこともある。

 2年間の“準引退”を経て、「テニスがしたい」と心から思えた後は、今も師事するコーチのクレイグ・タイザーと共に、文字通りゼロから新たなキャリアを歩み始めた。

「復帰した時の彼女は、グランドスラムで優勝できるとは考えていなかったと思う。ただ彼女は、テニスが好きだった。挑戦できることにワクワクしていた」。約6年前の日を、タイザーは回想する。
  その「ワクワク」を推進力に、彼女はテニス少女がそのまま大人になったかのように、復帰後は楽しそうにコートを駆けていた。

 2019年の全仏オープンで初のグランドスラムを取った時も、そして“44年ぶりのオーストラリア人全豪オープン制覇”の期待が掛かる今大会でも、その風情は変わらない。テレビ解説をつとめたジム・クーリエが「フェデラー以上」とまで絶賛した変幻自在のスライスを操り、相手を手玉に取る姿は、テニスボールと戯れるよう。一つのセットも落とすことなく、日々高まるファンの声援を追い風にして、彼女はデニエル・コリンズが待つ決勝まで駆け上がった。

 決勝のバーティーが微かな“異変”を示したのは、最初のゲームで、得意のスライスが大きくラインを割った時だったろうか。もっともその兆しは、完璧に近いサービスによって隠され、すぐに表面化はしない。

 だが第1セットを6-3で奪った後の第2セットで、様相が変わり始めた。準決勝までの鋭さや精度が削がれたスライスは、バックの強打を最大の武器とするコリンズの餌食になる。瞬く間にゲームカウントは、コリンズの5-1リードと広がった。
  後にバーティーは、「今日はストロークの感覚が良くなかった」と認めている。だが「天才」と称された彼女には、“プランB”を選択する冷静さとスキルがあった。

「足を使い、フォアを多く使おうと思った。ミスすることは気にせず、攻撃的に行くことを考えた」。はたして試合展開は、劇的にまで反転する。

 バックサイドのボールに回り込み、逆クロスとストレートに自在に打ち分けるバーティーの前に、コリンズは劣勢に回った。

 突破口を見つけ、軽快さを増すフットワーク。走り出したストローク。1ポイントごとに沸きあがる、割れんばかりの大歓声――。この時に生まれた潮流を、止める術を持つ者はいなかっただろう。

 タイブレークでのバーティーは、彼女がなぜ世界1位か、そして44年という歴史の溝を埋めるにふさわしい選手かを証明する。ドロップショットで相手を誘い出し、中ロブで再び後方へ揺さぶり、それでも追いすがるコリンズが必死に返したロブを、下がりながら豪快にスマッシュで叩き込む。ボールと戯れるような彼女の魅力が、凝縮されたシーンだった。

 44年の空白に終止符を打ったのは、この日を象徴するかのような、鮮やかなフォアのパッシングショット。
  刹那、いつもは勝利の瞬間も穏やかなバーティーが、吠えた。ネット際の握手を終えると、ラケットをベンチへと軽く放り、身体の内の感情を全て吐き出すかのように、二度、三度と両手を振り下ろし、身体を折り曲げて叫んだ。

「私にしては、ちょっと珍しいことだよね」。後にバーティーは、少し照れ臭そうに栄光の瞬間を振り返った。

 決勝の熱が冷めやらぬセンターコートで、行なわれた表彰式。オーストラリアを象徴する青い照明が照らすステージ上で、司会をつとめるトッド・ウッドブリッジが、うやうやしく言った。

「実はトロフィープレゼンテーターとして、サプライズを用意しました。全豪オープン4度の優勝を誇る、イボンヌ・グーラゴング・コーリーです!」

 驚きの喚声に沸く、スタジアム。もっとも、幼少期から憧れた “恩師”の登場に誰より驚いたのは、外ならぬ優勝者だったろう。

 声を上げ、目を輝かせ、口角を上げて顔中に幸福感をみなぎらせる――。その無垢な笑みは、19年前の写真の中の少女、そのままだった。

現地取材・文●内田暁

【連続写真】内側にしぼる動きでパワーアップする、バーティーのバックハンドスライス

関連記事