• クラブスタッフ
Jリーグ

25歳でサッカー指導者から旅館経営へ。「宮崎を日本一の合宿地にする」決意

宮崎県高原町に佇む旅館・皇子原温泉健康村。この旅館を継ぐために地元に帰ってきたのが、川崎フロンターレのスクールでコーチを務めていた山下友希斗さんです。どうして25歳で旅館に戻る決断を下したのか。宮崎を「日本一の合宿地にする」覚悟に迫りました。

その他

ラグビーと和菓子の異質なタッグ。未来を『共創』する秘策とは(シャイニ...

シャイニングアークス(ラグビー)は、老舗和菓子屋の船橋屋と『スポーツ共創パートナーシップ』を締結しています。新たな『共創』の形を示す取り組みについて、かつては選手として活躍し、現在はビジネスデザインリーダー職に従事する石神勝(いしがみ・まさる)氏に伺いました。

Jリーグ

データから見る、浦和レッズのリアル。スポーツアナリティクスジャパン202...

2022年3月26日、東京都内にて「スポーツアナリティクスジャパン2022(SAJ2022)」が開催されました。浦和レッズ テクニカルディレクターを務める西野努氏が登壇しました。議題は、「浦和レッズの3年計画の現在地とテクノロジー活用のリアル」。2020年〜2022年までの3年計画の現状と、2030年までを見据えた長期計画、浦和レッズが分析にこだわる理由についてお話しされました。

その他

「10秒で接点を作る」川崎ブレイブサンダースが示すスポーツ×TikTokの可能...

川崎ブレイブサンダースはBリーグクラブで初めてTikTokと提携し、“クリエイティブパートナーシップ”を締結しました。 プラットフォームを強化していく理由、そこから生まれる新たなビジネスについて株式会社DeNA川崎ブレイブサンダース・事業戦略マーケティング部の藤掛直人氏と営業部の山崎陽平氏に話を聞きました。

Jリーグ

渋澤大介・モンテディオ山形強化部が目指す「J2からアジア」への道

J2リーグ・モンテディオ山形強化部の渋澤大介さんは、市立船橋高校サッカー部で全国制覇を果たし、国士舘大学へ。その後海外リーグでプレーし、引退後はサッカー留学の斡旋や選手仲介人に従事。そして、現職に。Jクラブの強化部スタッフとしてのビジョンや思いとは。

Jリーグ

私が銀行を辞め、サッカー界に戻ったワケ。池西希(V・ファーレン長崎)

現在株式会社V・ファーレン長崎のアカデミー課でユースの業務に携わる池西希(いけにし・のぞみ)氏は、プロサッカー選手への道を諦め、一度は銀行員の道へ。なぜ再び、支える立場としてサッカー界へ転職したのでしょうか。今後のビジョンや、仕事の魅力について聞きました。