堂安律,サッカー,ワールドカップ,W杯

W杯で真のスターに化けるか 堂安律を解説

2022年11月から行われるカタールワールドカップ(W杯)で日本はE組に入り、ドイツ、スペインといった世界の強豪国を相手に戦いを挑む。そこで、サムライブルーの一員として本大会での活躍が期待される選手たちにスポットを当てて、そのキャリアを振り返っていきたい。今回紹介するのは、森保ジャパン発足当初から中心を担い、今夏ドイツ・ブンデスリーガのフライブルクへの移籍を発表したMF・堂安律だ。(文・井本佳孝)

G大阪からオランダでステップアップ

堂安は1998年生まれ、兵庫県尼崎市出身の24歳で家長昭博、宇佐美貴史ら名選手を輩出したガンバ大阪の下部組織出身だ。高校2年生である2015年にプロデビューを果たすと、翌2016年に飛び級でG大阪のトップチームに昇格した。それ以降も10代で日本の未来を担う逸材として注目を浴びながら、トップチームでのキャリアを一歩一歩積んでいく。

そんな堂安に目をつけたのがオランダ・エールディヴィジのフローニンヘンだ。2017年夏にレンタルで加入し海外でのキャリアをスタートさせると、移籍1年目ながらチームの主力を担い、リーグ戦で9ゴールと結果を残しチームの年間MVPを受賞した。翌シーズンもフローニンヘンのレギュラーに君臨すると、2019年夏に名門PSVから声がかかりステップアップを果たした。

しかし、PSVでの1年目は厳しいレギュラー争いに置かれ満足に出場機会をつかめず苦しいシーズンを送った。それでも、2020年夏にレンタルで加入したドイツのビーレフェルトではブンデスリーガ全34試合に出場し5得点を決めて復活を印象づけた。2021-22年シーズン再びプレーしたPSVでは公式戦二桁得点を達成するなどオランダでも確かな爪痕を残し、欧州の地で着実に成長の跡を見せつけた。そして7月5日、フライブルクへ移籍が発表され、2年ぶりにドイツ・ブンデスリーガへの再挑戦を果たすこととなった。

本田圭佑を彷彿とするパーソナリティー

堂安の選手としての特徴は172cmと小柄ながらフィジカルに優れ、ボールキープ力に長けている点だ。また、右サイドからカットインしての左足のシュートは最大の持ち味であり、自らで強引にいくだけでなく、周りを活かす術も合わせ持っている。ユース年代から長年同じチームでプレーしてきた久保建英とは同じ左利きながら阿吽の呼吸でプレーすることができ、この2人の互いを生かし合う共有力は日本の将来の武器となるだろう。

さらに、逆境に強いメンタリティーも堂安の強い武器である。オランダのフローニンヘンでの1年目やPSVに移籍した当初はなかなか結果が出ず、苦しい時期も経験した。しかし、そこからドイツでのプレーを経験するなど、その経験を力に変え結果を残し這い上がってきた。24歳ながら海外でのプレー歴も5年を数え、自分の壁を超える精神的な逞しさも堂安の魅力の一つだ。

そんな堂安の姿は長年日本代表を引っ張ってきた本田圭佑に通ずるものがある。同じ左利きでフィジカルの強さ、関西出身で強いパーソナリティーを持つなど2人は共通点も多い。本田がW杯など大舞台での活躍や、メディアに対しての強気な発言で自らやチームを鼓舞してきたように、堂安にも世界を驚かせる大舞台での活躍やピッチ内外見せる気持ちの強さで日本を高みに導く働きを期待したいところだ。

関連記事