鹿島・荒木遼太郎、創造性と判断力を培った東福岡時代 #antlers

鹿島アントラーズの新たな10番として今季注目されているのが荒木遼太郎選手です。

2020年に東福岡高から鹿島に入団すると、ルーキーながら公式戦29試合出場2ゴールをマークしました。2年目には鹿島のエースナンバーである13を継承し、46試合13ゴールと一気にブレイク。3年目の今季はさらなる活躍に期待がかかります。

そんな荒木選手のこれまでのキャリアの歩みを、サッカーライターの安藤隆人氏に紹介していただきました。現在のプレースタイルに大きく影響を与えた、東福岡高時代を振り返ります。

■クレジット
文・写真=安藤隆人

■目次
鹿島期待の10番
アンカーへのコンバートで才能が開花
アンカーらしくないアンカーに成長
荒木らしさがでた今季初ゴール

鹿島期待の10番

前回のコラムで鈴木唯人のことを『スタートポジションに関わらず、複数のポジションを1つの物語で結び付けられる選手』と評したが、鹿島アントラーズのMF荒木遼太郎もピッチ上で美しい物語を紡ぐことができる選手だ。

2020年に東福岡高から鹿島に入団した荒木はプロ2年目となった昨季、柳沢敦や興梠慎三らから受け継いだ鹿島のエースナンバー13を託された。さらに今年は本山雅志、柴崎岳、安部裕葵らが背負ってきた10番を引き継ぐなど、大きな期待を背負っている。

ルーキーイヤーは、左右のサイドハーフとしてリーグ戦26試合に出場(うちスタメンが7試合)して2ゴールをマーク。昨季はサイドハーフだけでなくFWとしてもプレーし、36試合出場(うちスタメンが27試合)で10ゴールをマークして、J1リーグの新人王に輝くなどブレイクを果たした。

荒木の特徴は、与えられたポジションで柔軟性に富んだプレーができること。サイドハーフに入れば、インサイドのスペースにタイミング良く出入りしたり、アタッキングエリアに侵入していったりと、チャンスメーカーとフィニッシャーの両方の顔を持つ。

FWで起用される時は、常にゴールへの意識を高く持ったプレーを見せる。ボールを引き脱す動きや、周りの選手が前向きにボールを受けられるようにスペースメークなどゴールというターゲットからの逆算がベースとなっている。

関連記事