• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • Jデビュー戦で先輩と議論した松木玖生。メンタルモンスターはいかにして生まれたか

Jデビュー戦で先輩と議論した松木玖生。メンタルモンスターはいかにして生まれたか

2022シーズンのJリーグは、川崎フロンターレとFC東京の多摩川クラシコで開幕。好ゲームが繰り広げられるなか、際立ったプレーを見せていたのが高卒ルーキーの松木玖生選手でした。

名門・青森山田で1年生からレギュラーを務め、2年生からは10番を着用。3年生で迎えた第100回全国高校サッカー選手権大会では、全国制覇に貢献するなど高校ナンバーワンの逸材として注目を集めました。

プロでの活躍が楽しみな松木選手のキャリアやプレースタイルを、サッカーライターの安藤隆人氏に綴っていただきました。

■クレジット
文・写真=安藤隆人

■目次
多摩川クラシコで堂々のデビュー
名門・青森山田で10番を背負う
強気の発言は自身へのプレッシャー
印象的だったデビュー戦での先輩との議論

多摩川クラシコで堂々のデビュー

ルーキーで開幕スタメンの座を射止めたFC東京のMF松木玖生は、青森山田高校で卒業式を迎えていない18歳だ。全国高校サッカー選手権大会の優勝からわずか1カ月でプロサッカー選手としてJ1の舞台に立つと、デビュー戦とは思えないプレーと立ち振る舞いを見せた。

2022シーズンの開幕戦となった川崎フロンターレとの多摩川クラシコ。松木は【4-1-2-3】の右インサイドハーフでスタメン出場を果たし、28分にいきなり見せ場を作る。中央のディエゴ・オリヴェイラが、左の永井謙佑からのパスを受けて右のレアンドロとパス交換から突破を図る。

しかしこの仕掛けは成功せずにボールがこぼれると、走り込んだ松木がボックス外から迷わず左足を一閃。弾丸ライナーのシュートはチョン・ソンリョンのビッグセーブに阻まれたものの、枠内をしっかりととらえていた。両手を叩きながら悔しさを大声で叫んで表現する姿は、もはや高卒ルーキーのそれではなかった。

42分には左サイドバックの小川諒也が入れたクロスに対して、DFを背負いながら鮮やかな左足トラップで収めると、ディエゴ・オリベイラのシュートを引き出した。45分には右サイドで2連続ワンツーからサイドを破ると、ベテランの名手・登里享平の猛チャージを左手で抑え込みながらボールをキープ。72分に交代を告げられるまで、堂々たるプレーを見せて、上々のデビュー戦を飾った。

関連記事