• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 「日本が僅差で勝つだろう」海外メディアがオマーンとのリベンジマッチを展望!「経験豊富な28人を揃えている」

「日本が僅差で勝つだろう」海外メディアがオマーンとのリベンジマッチを展望!「経験豊富な28人を揃えている」

ベトナム戦の1-0辛勝に心配の声が絶えない日本代表。オマーン戦では力を見せつけたいところだ。(C)Getty Images
サッカー日本代表は、11月16日にワールドカップアジア最終予選のオマーン戦を迎える。日本にとっては、初戦で敗れた相手へのリベンジマッチだ。

最終予選のここ2試合を見ても、日本はグループBで唯一連勝を記録して3位に立っており、現在4位オマーンとの勝点差は2。今回の対戦で日本が白星を手にすることができれば、下位3チームを引き離すことができ、さらにオーストラリアの結果次第では2位浮上も考られる。いずれにしても年内最後となるアジア予選のゲームを勝利で終え、年明けからの残り4試合に備えなければならない。

加えて、ホームでの初戦の黒星の記憶を払拭する意味でも、今回の敵地での勝利は至上命題となる。勝点の計算の他に、日本が確実に前を向き、来年に控える上位2チームとの対戦に向かうためにも、何としてでもものにしたい試合だ。
アジア最終予選、中盤の山場である今回の対戦には、海外のメディアからも視線が注がれている。海外スポーツメディア『sportskeeda』は日本対オマーン戦の展望記事を掲載。その中でこの試合を「グループBのプレーオフ進出圏内を懸けた直接対決」と表現している。

同メディアでは日本のベトナム戦勝利を「サウジアラビアとオーストラリアのドローを見逃さなかった」と振り返っており、次戦へも「日本はリベンジを念頭に置かなければならない」と言及。さらに、この試合の結果を「オマーンの攻撃力は脅威ではあるものの、日本が両エンドで得点を挙げ、僅差での勝利を収める」として、日本の2-1での勝利と予想。また予選序盤での敗戦を「見事に挽回した」と、ここまでの日本の巻き返しを讃えている。

また、同記事では「ホームチーム(オマーン)は負傷者、出場停止のプレーヤーはいない」と伝えており、日本に関しては「経験豊富な28人を揃えている」と選手の顔触れを高く評価している。守田英正は累積警告でオマーン戦に出場できないものの、戦力を考慮すれば日本の優位は揺るがないところだが……。果たして、日本は勝点3を持ち帰ることができるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事