• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • サッカーボールの購入の際に気をつけたいサイズの違いとは?ボールの種類も詳しく解説!

サッカーボールの購入の際に気をつけたいサイズの違いとは?ボールの種類も詳しく解説!

サッカー,ボール,サイズ
子供がサッカーを始めた際に、トレーニングシューズやスパイク、プラクティスシャツ、すね当てなどを購入するかと思いますが、やはり「サッカーボール」も併せて購入するはずです。

しかし、「デザインが違うだけでどれも同じようなものだろう」と思いスポーツショップに行ってみると、その種類の多さにびっくりするはずです。

デザインの違いはもちろん、サイズの違いもありますし、「公式球」と書いてあるものとそうでないものもあったりします。

この記事では、そんな「サッカーボールの購入の際に気をつけたいサイズの違い」や「サッカーボールの種類」について解説していきたいと思います。

サッカーボールのサイズの違い

サッカーボールを購入する際に最も気をつけなければならないのが、「サイズの違い」です。

自分の年代で使用しているサッカーボールと違うサイズのボールを購入してしまうと、練習では使用することができません。(正確には使用することはできるが必ず指摘され使用しないように指示される)

それでは、サッカーボールにはどのようなサイズがあるのか、挙げていきましょう。

1号球と2号球

1号球は、直径13㎝~15㎝というかなり小さめのボールで、2号球は直径14.5㎝~18㎝の大きさです。

どちらも基本的にはプレー用としてではなく、「観賞用」として販売されています。

ただし、リフティングの練習用として使用されることもあります。

小さなボールで練習した後にいつも使用しているサッカーボールで練習すると、正確に芯を捉えられるようになるので、上達が早くなります。

3号球

3号球は、直径約19㎝で、重量は300g~320g程度となります。

主に5歳までの幼児が使用しますが、小学校1~2年生が使用することもあります。

4号球

4号球は、直径約20.5㎝で、重量は350g~390g程度となります。

主に小学校高学年用のサッカーボールとして、練習試合や大会で使用されます。

フットサル用の4号球も、直径が20.5㎝なので間違えて購入しないように気を付けましょう。

サッカー用途の違いは「重量」です。

フットサルのボールはサッカーボールよりも50g程度重くなっています。

5号球

5号球は、直径約22㎝で、重量が410g~450gとなります。

中学生以降(プロを含め)はすべてこの5号球を使用して試合を行います。

身長の低い中学1年生にはかなり大きめとなりますが、こればかりは慣れるしかないと言えるでしょう。

関連記事