森保監督は、「コンディション問題」を選手に解決させている?

 

 

■目次
オーストラリアを事前分析した日本の人選とタスクセット
日本のゲームプランを狂わせたオーストラリアのムーイ
日本:ゲームプラン空転=豪州:許容範囲のリスクが深刻化
「結果」が出たものの「判断のまずさ」も相当数あった

文=五百蔵容
写真=高橋学

※記事内の表記
CH=センターハーフ
DH=ディフェンシブハーフ
OMF=オフェンシブミッドフィルダー
WG=ウイング
CB=センターバック
SB=サイドバック
SH=サイドハーフ

2022年カタールワールドカップ・アジア最終予選第3節、日本は敵地でサウジアラビア代表に敗れました。内容的にはかなり入念な準備の存在を感じさせるものであった一方、肝心の委任戦術──「ピッチで判断し、対応していく」──については難しさが露見し、まさに「対応できなかった」ところで決勝点を奪われたことは残念であり、このチームの現在地を示すものでもあったと思います。

具体的な様相は前回記事で詳述しましたが、この敗戦を受けて第4節のオーストラリア戦は文字通り「負けられない戦い」となり、これまでフォーメーションレベルでは目立った変更してこなかった森保監督に大きな決断をうながしたようです。

オーストラリアもまた、いつもとは異なる、対日本戦用の特別な仕立てをもってこの大一番に臨んできました。その結果、日豪お互いの狙い、思惑がすっきりとは噛み合わないなか、その状況を打開するための様々な試行錯誤が両チーム間で繰り広げられるという、ある意味サッカーらしい、ビッグマッチらしい面白いゲームとなりました。

本稿では、そのオーストラリア戦を通じ「委任戦術」がどのように機能し、またおよばなかったかという点に注目し、日本代表の現状について考えてみたいと思います。

関連記事