• HOME
  • 記事
  • その他
  • 「日本で一番強いチームと戦えることにワクワクする」(buen cambio yokohama・齊藤悠希)

「日本で一番強いチームと戦えることにワクワクする」(buen cambio yokohama・齊藤悠希)

第19回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権の初優勝が懸かるbuen cambio yokohamaがチーム創設以来、3度目の決勝ラウンドに進出した。しかし決勝では一度も勝つことができず、今大会では三度目の正直を狙う。

今大会の準決勝ラウンド、兵庫サムライスターズ戦では齊藤悠希がGKを含めた相手選手全員を抜いてゴールを決め、話題になった。buen cambioでキャプテンも務める齊藤に、決勝戦へ向けた意気込み、ブラインドサッカーの魅力、この競技にかける想いを聞いた。

■クレジット
インタビュー=北健一郎
文=舞野隼大
写真=日本ブラインドサッカー協会/鰐部春雄

準決勝では全員を抜いてゴール

──決勝が22日に控えていますが、buen cambio yokohamaにとって、齊藤選手にとってこのアクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権はどんな大会ですか?

齊藤悠希(以下、齊藤) チーム創設以来、日本一を目標に活動してきて、目標達成まであと一つというところまで来たので、優勝したい気持ちが強いです。過去に準優勝が2度、ベスト4が1度あるのですが、あと一歩、二歩のところで結果が出ませんでした。

チームは今年で「11」年目を迎えました。創設者の落合啓士監督がチームでつけていた背番号は「11」。この「11」という数字はチームにとって重要だと個人的に思っています。「11」年目という節目で決勝に上がることができたので、今大会は必ず優勝したいという気持ちが強いです。

──落合さんは松本山雅 B.F.C.で、目が見えないなかで監督をするというチャレンジをされています。

齊藤 そうですね。この大会の初戦がおっちーさん率いる松本山雅 B.F.C.でした。その試合に勝つことができて勢いがつきました。何か縁を感じますし、11年目で決勝へ行けたことも運命を感じるので、一層優勝したいと思っています。

──今大会のbuen cambioの戦いぶりを振り返って、チームの状態などはいかがでしょうか?

齊藤 これまでは僕が中心となってやってきました。以前なら相手のエースや要注意人物を僕が見ていましたが、今は全員に任せられるくらいにみんなのレベルが上がっています。チームメートは大変だったと思いますけど、みんなが頑張ってエースを抑えてくれました。チームが一丸となって戦えていると思います。

──チームの底上げが上手くできているという感覚?

齊藤 そうですね。2年前におっちーさんがチームから離れ「僕がおっちーさんの代わりをしなきゃ」と思っていましたが、なかなか上手くいかない部分が多かったです。

自分にはまだまだ足りない部分がありますが、そこをチームメートに上手く任せることができたと思っています。だからこそ自分が自由に動けるようになって、その結果、チームメートも自由に動けるようになる。良い相乗効果が生まれていると思います。

──準決勝ラウンドで決めた齊藤選手のゴールがTwitterで話題になっていました。GKを抜き去って決めていましたが、これはよくあることでしょうか?

齊藤 ないと思います(笑)。

──どんな感覚であのゴールを決めたのでしょうか?

齊藤 自分自身はGKを抜いた感覚はなかったです。ピッチの風が強くて空間把握が難しく、ガイドの位置がわからない状況でドリブルをスタートしました。

ほとんど感覚で相手を抜いていました。ガイドの位置がわかったのですが、自分が思っていた位置よりもズレていて、GKとシュートコースが被っていました。

「ここで打っても入らないな」と思って「中に動いて、コースを作って打たなければいけない」と切り替えました。相手のGKはシュートコースを消していましたし「打つしかないだろう」と思っていたはず。そこでギャップが生まれてGKをかわすことに繋がったのかなと。

──ディエゴ・マラドーナの5人抜きのように何人も抜いてゴールが決まるのはブラインドサッカーの一つの魅力ですよね。

齊藤 そうですね。サッカーでは、カウンターの場面などでごぼう抜きする場面はありますが、珍しいと思います。ブラインドサッカーではああいうプレーがチャンスになると思います。
buen cambio yokohama vs 兵庫サムライスターズ(準決勝ラウンド)

関連記事