• HOME
  • 記事
  • その他
  • DOD新作「ヨンヨンベース」は梅雨に負けないコンパクトシェルター!余裕のあるソロ&デュオキャンプを実現

DOD新作「ヨンヨンベース」は梅雨に負けないコンパクトシェルター!余裕のあるソロ&デュオキャンプを実現

DOT新発売のワンルームテント「ヨンヨンベース」はソロやデュオキャンプに最適 出典:DOT STORE

個性的かつ実用的なテントを生み出し続ける人気ブランドの「DOD」が、四季を通してソロやデュオのキャンプでゆったりとくつろげる新作シェルター「ヨンヨンベース」を発売。4×4mの床面積と4本のポールで圧迫感のない空間を実現しました。ぜいたくな時間を独り占めしたい人や、ゆったりしたい夫婦・カップルのための、梅雨に負けない一幕!

DODから新型シェルター「ヨンヨンベース」が登場

DODの新作シェルターソロやデュオのキャンプでぜいたくな空間を堪能できる新型シェルター「ヨンヨンベース」が登場。床面積が約10畳のゆったりとした空間で、天候に恵まれなかったり、冬に寒かったりする際の「おこもりキャンプ」でも、のびのびとアウトドアを楽しめます。

人気の大型シェルター「ロクロクベース」をダウンサイズ。ソロデュオでキャンプを楽しみたい方向けのアイテムとなっています。## 4本のポールから創り出される空間は4×4mのゆったりスペース!

4×4 BASE (ヨンヨンベース)は4本のポールから創り出される広々とした幕内空間を実現出典:DOD STORE

ヨンヨンベースは4本のポールを使用したシェルター。直角的に側面を立ち上げることでデッドスペースをなくしています。2ポールのシェルターでは天井に向かうにつれて居住空間が狭くなるのに対して、圧倒的に開放的な空間を創り出せる構造です。

床面積は約10畳の4×4mで、就寝用の小型テントを2つ入れても余裕の広さ。ソロやデュオキャンプで設営が終わってから寝るまで、開放的で広々とした空間を楽しめます。 4本のポールから創りだされる広々とした幕内空間出典:DOD STORE

実際のサイズは、幅420×奥行370×高さ210cm。これはキャンプギアを幕内に入れても十分にスペースが確保できるように設計されているため。梅雨などの雨がぱらつく場面でも、快適にキャンプを楽しめる広さこそが4m×4mに秘められています。## 夏に嬉しい!メッシュに切換可能な前後開閉式ドア

メッシュに切換可能な前後開閉式ドア出典:DOD STORE

夏にうれしいメッシュに切換可能なドアは、前後に開閉するので、出入りでほかの人がよける必要がないのも、うれしい点。風通しを良くしつつも、虫の侵入も防いでくれるので、夏のキャンプには特に重宝します。 メッシュに切換可能な前後開閉式ドア出典:DOD STORE

ただ、夜寝るときにフルメッシュだと、「露出が多すぎて少し心配」という女性の声があるのも事実。そんなときは半分だけメッシュにするハーフオープンの形状がおすすめ。人に見られる心配を減らしながら、快適に室内で過ごせます。## 1人でも簡単に持ち運べる7kgのコンパクト収納

4×4 BASE (ヨンヨンベース)は1人でも持ち運び可能な7kgのコンパクト収納出典:DOD STORE

生地の素材には、軽さを最大限に重視した30Dナイロンが使用されています。収容時の重さは、平均的な成人女性でも片手で持ち運べる7kgを実現。

何かと物が増えてしまうキャンプやアウトドアシーンにおいて、「軽さ」はとてつもなく大きなメリットとなります。一般的なテントで10kg超えのものが多いなか、女性でも持ち運びできるコンパクトサイズ感、とても魅力的。## 雨よけや日除けに役立つキャノピードア

4×4 BASE (ヨンヨンベース)はキャノピー使用で更に解放的な空間へ出典:DOD STORE

雨よけや日除けに役立つキャノピードア出典:DOD STORE

別売のキャノピーポールを使用すれば、前面ドア部分のパネルを張り出せます。居住空間をさらに広げるだけでなく、雨よけや日除けのためのタープスペースとして活用できるのも、便利な特徴の一つ。### 6m×6mの区画サイトにも収まる設計

6m×6mの区画サイトにも収まるサイズに設計出典:DOD STORE

4隅にペグを打ち、ポールを4本立て、補強のペグを打っていくだけで設営が完了。ロープをすべて張った状態でも6m×6mの区画サイトに収まるサイズになっています。

シェルターなので、インナーテントは付属していません。寝る際には、簡易ベッド(コット)か、小型テントを使用したカンガルースタイルがおすすめです。

関連記事