• HOME
  • 記事
  • その他
  • 坂本弘美(スポーツ庁)HIROMI SAKAMOTO Vol.3「スポーツが社会の改題を解決する」

坂本弘美(スポーツ庁)HIROMI SAKAMOTO Vol.3「スポーツが社会の改題を解決する」

スポーツ庁とSPORTS TECH TOKYOが共同開催する「INNOVATION
LEAGUE」は、スポーツを活用した日本の産業拡張を推進する取り組みとして始められた。
この「イノベーションリーグ」を先導するのがスポーツ庁の坂本弘美氏だ。システムエンジニア出身で、製造業のIoTやキャッシュレスの推進政策に携わった後、スポーツの成長産業化を推進する。
東京オリンピック・パラリンピックの開催を控える中、日本におけるスポーツがこれまで以上に発展するには、どのようなイノベーションが求められるのか。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

スポーツの最大の魅力は“熱量”

──改めて、坂本さんはスポーツが持つ力はどんなところにあると思いますか?

スポーツをビジネス面から見た価値は、同じ条件でも、同じ試合結果にならない「エンターテイメント性」、多くの人を集める「ハブ機能」、そして人が集まることによる「情報発信力」でしょう。スポーツが持つ力は、皆さんがそれぞれ思い浮かべる魅力があると思うのですが、私は特に、逆転などの予想外の展開をおこす「エンターテイメント性」を作り上げる人の“熱量”も魅力だと想います。

──その理由は?
まず、「エンターテイメント性」ですが、同じチームメンバーで試合をしても同じ試合結果にはなりません。私は、2020年7月に現職に着任しましたが、それまでスポーツはゴルフを趣味ではじめた程度、小・中学生の頃に少し空手を習った程度でした。そのため、システムエンジニアをしていた前職は、ラグビーチームがあったのですが、頑張っているんだなぁ程度しか思っていませんでした。しかし、2019年に行なわれたラグビーのワールドカップで日本代表選手の試合までのストーリーに感動し、感じ方が一変、テレビにくぎ付けになって応援していました。
次に「ハブ機能」です。スポーツを見るために数千から数万単位の人が同一の目的で一か所に集まります。そこには観戦に行って、見て、帰るというフェーズが存在し、それぞれにビジネスチャンスが存在します。そして「情報発信力」です。SNSが日常生活に浸透している現代において、情報は重要なビジネスツールです。情報を流す主体が抱える顧客が多い程、ビジネスに有利にはたらきます。例えば、商品の開発や改良に欠かせない消費者アンケートはどれだけ多くの人の意見を回収できるかがアンケートの精度を左右します。また、商品をアピールしたい時に多くの人に届けることが可能です。
この3つの価値を作り上げるのは、選手やスポーツを支える人の熱量であったり、選手の熱量に共感をするファンの熱量だと思います。バックグラウンドが大きく違う人たちでもスポーツは共通の話題になりますし、スポーツで感動したという経験を持っている人が多く、その熱量は皆が持っていると言えるのではないでしょうか。着任してから半年経ち、スポーツに関係している色々な方と意見交換をしたり、関係する人のドラマを聞く度に、その“熱量”を感じ、スポーツの可能性に魅力を感じ、もっと早くからこの世界に触れていたかったなぁと感じる事もあるくらいです。

──ただ、そうしたエンターテインメント性や熱量が生まれてきたスタジアム観戦がコロナの影響で難しくなって、選手がファンサービスをできないという状態にあります。それによってファンの選手に対するエンゲージが下がっていると聞きます。ファンサービスで選手とハイタッチしたり、サインをもらったりというのはライト層からコア層に変わるきっかけにもなっているのですが、そういった機会を作れていないというのは大きな課題となっています。そこをテクノロジーで解決できる部分はあるのか気になるところです。

デジタル上で選手とファンをつなぐというのは今の技術的にはそれほど難しくはありませんし、そうした交流はすでに行われているので、今後は付加価値をどうやって付けるか、スタジアムに来ることができないライト層を、どう交流の場に促していくのかが課題になるでしょう。ファンのエンゲージメントをどう高めるか、つまり、熱量をどうやって生み出すかはスポーツを支えるという面でも重要だと思います。

関連記事