• HOME
  • 記事
  • テニス
  • 現役プロ、西岡良仁主催のジュニア大会。全日本Jr.王者の松岡隼が制し、世界へ向けての資金援助をゲット!<SMASH>

現役プロ、西岡良仁主催のジュニア大会。全日本Jr.王者の松岡隼が制し、世界へ向けての資金援助をゲット!<SMASH>


日本男子テニス界のNo.2である現役プロ、西岡良仁がジュニア大会を主催――12月11日、12日に三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿(三重県)で行なわれた「Yoshi’s CUP」は、西岡が日本の未来を担うジュニアのために創設した大会だ。

「自分が現役として影響力を持ち合わせているうちに、次世代の選手が活躍するためのインフラを作りたい」との思いから、16歳以下のジュニア選手を集めて試合を行うとともに、世界に出ていくために必要な知識を教えるセミナーの開催、活躍した選手への活動資金の提供など、多方面からのサポートを盛り込んだ大会である。

トーナメントには、全日本ジュニア16歳以下優勝の松岡隼(桜田倶楽部)、準優勝の眞田将吾(四日市工業高校)ら、この年代のトップ選手8名が全国から集結。開幕前日のセミナーに続いて、11日に4名ずつ2グループに分かれた予選リーグ、12日には決勝トーナメントと順位決定トーナメントが行なわれた。
準決勝では、かつて荏原SSCで共に練習した松岡隼と三城貴雅(荏原SSC)が対戦し、第1シードの松岡が6−2で勝利。もう一方は唯一の中学生である富田悠太(チェリーTC)が大岐優斗(佐土原高校)を7−5で下し、決勝へ進んだ。

決勝は、気合みなぎる松岡がスピードボールで攻め、富田がそれをスピンやフラット系など、ショットバリエーションを駆使してミスを誘うという展開。接戦を制したのは松岡で、7-5、6-4で頂点に立った。

「大会前からずっと優勝を狙っていたのでそれを達成できてうれしい。接戦になったら気持ちだと思っていたので、気持ちで引かないようにしました」と松岡。一方の富田は「レベルの高い人ばかりの大会で、準優勝でしたが本当にいい経験ができた」と、敗れたとはいえ大きな収穫を得たようだ。

主催した西岡も「選手たちは色々な目的を持ってこの大会に臨んでくれたし、真面目に真剣に戦ってくれた。たくさんのことを得て帰ってくれるでしょうし、負けてしまった子もくじけずに、これを糧にして頑張ってほしい」とエールを送っていた。
優勝した松岡には、海外遠征費・キャンプ費などの補助として上限100万円が支援される。また、西岡が独自の視点で選定する「西岡賞」には大岐が選ばれ、上限50万円で同様の補助が行なわれる。2人とも支援金は「海外遠征に使いたい」と宣言。この大会を世界への足掛かりにし、自身の成長につなげていってほしいと切に願う。

〈決勝トーナメント結果〉
■準決勝
松岡隼(桜田倶楽部)[6-2]三城貴雅(荏原SSC)
富田悠太(チェリーTC)[7-5]大岐優斗(佐土原高校)
■決勝
松岡隼[7-5 6-4]富田悠太
■3位決定戦
大岐優斗[7-5]三城貴雅
〈順位別トーナメント結果〉
■5~8位決定戦
本田尚也(文星藝術大学付属高校)[6-2]眞田将吾(四日市工業高校)
山本夏生(相生学院高校)[6-2]服部怜矢(ノアTA垂水)
■5・6位決定戦
本田尚也[6-4]山本夏生
■7・8位決定戦
眞田将吾[6-3]服部怜矢

構成●スマッシュ編集部
協力●Yoshi’s CUP

【PHOTO】西岡良仁主催「Yoshi’s CUP」を戦う有望ジュニアたち

関連記事

現役プロ、西岡良仁主催のジュニア大会。全日本Jr.王者の松岡隼が制し、世界へ向けての資金援助をゲット!<SMASH>


日本男子テニス界のNo.2である現役プロ、西岡良仁がジュニア大会を主催――12月11日、12日に三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿(三重県)で行なわれた「Yoshi’s CUP」は、西岡が日本の未来を担うジュニアのために創設した大会だ。

「自分が現役として影響力を持ち合わせているうちに、次世代の選手が活躍するためのインフラを作りたい」との思いから、16歳以下のジュニア選手を集めて試合を行うとともに、世界に出ていくために必要な知識を教えるセミナーの開催、活躍した選手への活動資金の提供など、多方面からのサポートを盛り込んだ大会である。

トーナメントには、全日本ジュニア16歳以下優勝の松岡隼(桜田倶楽部)、準優勝の眞田将吾(四日市工業高校)ら、この年代のトップ選手8名が全国から集結。開幕前日のセミナーに続いて、11日に4名ずつ2グループに分かれた予選リーグ、12日には決勝トーナメントと順位決定トーナメントが行なわれた。
準決勝では、かつて荏原SSCで共に練習した松岡隼と三城貴雅(荏原SSC)が対戦し、第1シードの松岡が6−2で勝利。もう一方は唯一の中学生である富田悠太(チェリーTC)が大岐優斗(佐土原高校)を7−5で下し、決勝へ進んだ。

決勝は、気合みなぎる松岡がスピードボールで攻め、富田がそれをスピンやフラット系など、ショットバリエーションを駆使してミスを誘うという展開。接戦を制したのは松岡で、7-5、6-4で頂点に立った。

「大会前からずっと優勝を狙っていたのでそれを達成できてうれしい。接戦になったら気持ちだと思っていたので、気持ちで引かないようにしました」と松岡。一方の富田は「レベルの高い人ばかりの大会で、準優勝でしたが本当にいい経験ができた」と、敗れたとはいえ大きな収穫を得たようだ。

主催した西岡も「選手たちは色々な目的を持ってこの大会に臨んでくれたし、真面目に真剣に戦ってくれた。たくさんのことを得て帰ってくれるでしょうし、負けてしまった子もくじけずに、これを糧にして頑張ってほしい」とエールを送っていた。
優勝した松岡には、海外遠征費・キャンプ費などの補助として上限100万円が支援される。また、西岡が独自の視点で選定する「西岡賞」には大岐が選ばれ、上限50万円で同様の補助が行なわれる。2人とも支援金は「海外遠征に使いたい」と宣言。この大会を世界への足掛かりにし、自身の成長につなげていってほしいと切に願う。

〈決勝トーナメント結果〉
■準決勝
松岡隼(桜田倶楽部)[6-2]三城貴雅(荏原SSC)
富田悠太(チェリーTC)[7-5]大岐優斗(佐土原高校)
■決勝
松岡隼[7-5 6-4]富田悠太
■3位決定戦
大岐優斗[7-5]三城貴雅
〈順位別トーナメント結果〉
■5~8位決定戦
本田尚也(文星藝術大学付属高校)[6-2]眞田将吾(四日市工業高校)
山本夏生(相生学院高校)[6-2]服部怜矢(ノアTA垂水)
■5・6位決定戦
本田尚也[6-4]山本夏生
■7・8位決定戦
眞田将吾[6-3]服部怜矢

構成●スマッシュ編集部
協力●Yoshi’s CUP

【PHOTO】西岡良仁主催「Yoshi’s CUP」を戦う有望ジュニアたち

関連記事