• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 張本智和が移籍 琉球アスティーダと3年契約 入団記念でクラブトークン贈呈の“卓球界初”の試みも

張本智和が移籍 琉球アスティーダと3年契約 入団記念でクラブトークン贈呈の“卓球界初”の試みも

卓球ニュース 張本智和が移籍 琉球アスティーダと3年契約 入団記念でクラブトークン贈呈の“卓球界初”の試みも

2022.05.09
文:ラリーズ編集部

卓球Tリーグ男子・琉球アスティーダは9日、東京五輪卓球日本代表で男子団体銅メダルを獲得した張本智和(IMG)と選手契約したことを発表した。

このページの目次

  • [6 関連動画]()

張本智和が琉球アスティーダへ

張本は4シーズン木下マイスター東京でプレーしており、4thシーズンはチームのプレーオフファイナルにも貢献していた。今回、初の移籍となり、琉球アスティーダの一員として加入する。また、先日ヨーロッパチャンピオンズリーグにはドイツ・ブンデスリーガのノイ・ウルムから参戦することも発表されており、Tリーグと掛け持ち参戦となる。

琉球アスティーダと張本の今回の選手契約は、3年間契約となり、琉球アスティーダのスローガンである「世界を獲りいくよ。」の通り、2年後のパリ五輪での張本のメダル獲得に向けて、全力で支援していくという。また、ブロックチェーン技術を利用したクラブトークンのアスティーダトークンを入団記念で張本に進呈し、試合でも付与される。

サッカー界では、リオネル・メッシとパリ・サンジェルマンの契約金の一部にクラブトークンが採用され話題となったように、プロ卓球チームでは世界初の試みとなる。

クラブトークンは、ファンが所有することでクラブへの応援参加を促進しチームの人気と成績を向上させるほか、選手の努力がチーム成績だけでなくファンへの還元にもつながることが期待され、今回の張本入団を記念し、トークン発行型クラウドファンディング 2.0「FiNANCiE」にてアスティーダトークン特別企画の開催も予定しているという。

              googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1579223839841-0'); });
           ## クラブトークンとは

クラブトークンとは、欧州を中心とした海外では、ブロックチェーン技術を利用したプロスポーツチームの「クラブトークン」が発行され、オンライン上でのファンサービス・クラブ応援ツールとして注目されている。

バルセロナFC やユベントスなど、主要なプロスポーツチームに既に幅広く展開されており、クラブトークンはチームへの応援の「しるし」や「証」の役割を果たし、また単に支援の証になるだけでなく、保有することでクラブ発の投票企画への参加や、トークン保有者限定の特典への応募ができるなど、新しい体験ができるデジタル上のアイテムとなっている。

関連記事