• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 日本ペイントがファイナル初進出 大藤沙月、四天王寺高対決制す<Tリーグ女子セミファイナル>

日本ペイントがファイナル初進出 大藤沙月、四天王寺高対決制す<Tリーグ女子セミファイナル>

大会報道 日本ペイントがファイナル初進出 大藤沙月、四天王寺高対決制す<Tリーグ女子セミファイナル>

2022.03.02 文:ラリーズ編集部
<Tリーグ2021-2022シーズン 女子プレーオフセミファイナル 日程:3月2日 場所:アリーナ立川立飛>

卓球Tリーグ2021-2022シーズンの女子プレーオフセミファイナルで、レギュラーシーズン2位の日本ペイントマレッツと3位の九州アスティーダが激突した。マッチカウント2-1と日本ペイントが王手をかけた第4マッチ。大藤沙月日本ペイントマレッツ)と横井咲桜(九州アスティーダ)の四天王寺高校対決は、ゲームカウント3-0で大藤に軍配が上がった。

この結果、日本ペイントマレッツがマッチカウント3-1で勝利し、日本生命レッドエルフの待つ3月4日のプレーオフファイナルへと駒を進めた。

日本ペイントマレッツ 3-1 九州アスティーダ

横井咲桜
写真:横井咲桜(九州アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部フォンティエンウェイ/大藤沙月 1-2 佐藤瞳/橋本帆乃香〇
10-12/8-11

小塩遥菜 3-0 面田采巳
11-7/11-4

芝田沙季 3-1 佐藤瞳
5-11/11-3/11-8

〇大藤沙月 3-0 横井咲桜
11-5/11-6

※ビクトリーマッチを除く全てのマッチで、2位の日本ペイントマレッツが1ゲーム先行した状態からスタート

              googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1579223839841-0'); });
           ## 関連記事

>>佐藤瞳「まずひとつ目標をクリア」九州、新規参戦一年目でセミファイナル進出 全員卓球で下剋上狙う

>>戸上隼輔本人解説 優勝に導いた早田ひなの“ある一言”とは?J SPORTSオンデマンドで独占配信

関連記事