• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 【卓球技術】ナックルのバックフリックのコツ わかっていても落としてしまう嫌らしいボール 

【卓球技術】ナックルのバックフリックのコツ わかっていても落としてしまう嫌らしいボール 

2022.02.24 文:瀬能吉紘コーチのYouTube 瀬能卓球チャンネルより
ナックルのバックフリックというのをあまり試合では使わないという人が多いですが、これはとても効果的な技術です。

「これができると試合が変わる!脱中級者講座」の第22回では、バックハンドのナックルフリックのコツと練習法を、瀬能コーチの技術指導を通して詳しく見ていきましょう。

瀬能吉紘
【瀬能吉紘(せのう よしひろ)】滝川第二高等学校から京都産業大学を経て、現在は瀬能クラブのオーナーを務める。インターハイでは団体5位、シングルス3回戦の経験を持つ。関西の強豪・京都産業大学では関西学生リーグ最多勝や、関西学生卓球選手権ではシングルス3位、ダブルス優勝などの実績を残している。社会人になってからも全日本選手権シングルス、ダブルス、ミックス出場など全国で活躍している。(写真提供:本人)このページの目次

  • [8 【連載】これができると試合が変わる!脱中級者講座]()

ナックルのバックフリック

瀬能:今回は、ナックルで返球するバックフリックを解説していきたいと思います。

勝負どころでボールをナックルで飛ばすことによって、相手がネットに落としてしまうような嫌らしいボールになるのがナックルフリックの特徴です。

通常フリックというと少し回転を入れると安定するので、前進回転をしっかり入れたフリックや横回転を加えたフリックなどを使って返球する方が多くいらっしゃるんですが、その中にたまにナックルのフリックを混ぜることによって非常に効果的な返球が出来るようになると思います。

              googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1579223839841-0'); });
           ## ポイント① 短いボールに対してナックルフリックを仕掛ける

瀬能:大前提としまして、ナックルのフリックは短いボールに対してやっていきましょう。

長いボールに対してはバックのドライブまたは強打等で返球することをオススメします。
こちらの方が返球しやすいですし、相手に対しても非常に取りづらいボールを出すことができるので、あまりフリックで返球しないように気をつけてやってもらうといいと思います。

関連記事