• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 「卓球を辞めたいと思った」愛工大名電高の“天才左腕”篠塚大登が苦しみから立ち直れたワケ

「卓球を辞めたいと思った」愛工大名電高の“天才左腕”篠塚大登が苦しみから立ち直れたワケ

卓球×インタビュー 「卓球を辞めたいと思った」愛工大名電高の“天才左腕”篠塚大登が苦しみから立ち直れたワケ

2022.01.02 取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)
インターハイ学校対抗5連覇と、高校男子卓球界の“絶対王者”愛工大名電高卓球部。その主将を務めたのが篠塚大登だ。

篠塚は、類まれなボールタッチを活かし、Tリーグ2020-2021シーズンではベストペア賞を獲得した。高校3年生で臨んだインターハイでも学校対抗、ダブルスで優勝、シングルスは3位と好成績を残している。

試合中、クールに戦う小柄なサウスポーは、今、何を思うのか。

写真:篠塚大登(愛工大名電高)/撮影:槌谷昭人
【篠塚大登(しのづか ひろと)】2003年12月23日生まれの18歳。愛知県出身。左シェークドライブ型。卓伸クラブから愛工大名電中を経て、現在愛工大名電高校3年生。2021年には全日本選手権ジュニア男子3位、インターハイ学校対抗、ダブルス優勝、シングルス3位、アジア選手権男子団体3位、男子シングルスベスト8の実績を残した。このページの目次

  • [7 【特集】潜入・高校卓球部]()

「声を出すタイミングがわからない」意外な悩み

写真:篠塚大登(愛工大名電高)/撮影:槌谷昭人
写真:篠塚大登(愛工大名電高)/撮影:槌谷昭人――最近、より上を目指したいという気持ちが伝わってくるなと見ていて思うんですが、何かきっかけはありましたか? 篠塚大登:高校入ってから、もっと上を目指したいと思っていました。メンタル面を見直してから、少し我慢できるようになったり、ちょっとずつガッツが出てきたりして、結果も出てきました。 特に去年TリーグのT.T彩たまと契約させてもらって、ダブルスでベストペア賞を獲る経験ができたので、それでもっと上目指そうという気持ちが出てきました。

写真:篠塚大登(左)、曽根翔ペア(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE
写真:篠塚大登(左)、曽根翔ペア(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE――篠塚選手と言えば、ポーカーフェイスも特徴の1つですが、意識的にやってるんでしょうか? 篠塚大登:いや、なっちゃってる感じですね。特に意識はしてないです。内心は結構緊張していたり、焦ったりしてます(笑)。 ――淡々と冷静沈着にプレーしている姿が印象的でしたが、意識はしてなかったんですね(笑)。 篠塚大登:むしろ声出す選手に憧れてるという感じですね(笑)。声を出すタイミングがわかんなくて。どうやって出すんだろうみたいな。 写真:篠塚大登(愛工大名電高)/撮影:槌谷昭人
「なんか出てこないんですよ、声出そうと思っても」――Tリーグのダブルスだと、篠塚選手が冷静で、横で神選手がめっちゃ吠えてることもありますよね(笑) 篠塚大登:以前のダブルスで、最後自分がサービスエースで決めたんですけど、神さんの方が吠えてました(笑)。 写真:篠塚大登・神巧也ペア(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部
写真:篠塚大登・神巧也ペア(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部
googletag.cmd.push(function() { googletag.display(‘div-gpt-ad-1579223839841-0’); });

関連記事