サッカーのベンチコートの役割と選び方

サッカー,ベンチコート
サッカーをプレーするには、プラクティスシャツやユニフォーム、ジャージ、ピステなどを着るのが当たり前となっていますよね。

しかし、冬の季節に関してはそれらの服装ではプレー前やプレー後にかなり体が冷えてしまうことから、別の方法で暖を取らなければなりません。

そこでおすすめなのが、「ベンチコート」です。

この記事では、そんな「サッカーのベンチコートの役割と選び方」について解説していきたいと思います。

ベンチコートとは?

ベンチコートは、野外で行うスポーツの防寒対策用に販売されているコートです。

一般的なコートよりも長めになっていて、防水性や保温性に優れた素材を使用しています。

また、風を通しにくい素材を使用しているので、冷たい風が吹きつける日でも凍えることがありません。

通常のコートよりもゆったり目に作られているので、ユニフォームやジャージの上からでも容易に着ることができます。

ベンチコートには、以下の2種類が存在します。

ダウンコート

ダウンコートは、羽毛などを使用しているので、非常に保温性に優れているという特徴があります。

また、とても軽いので、着ていて疲れないというのも嬉しいポイントです。

ただし、水分に弱いというデメリットがあるので、雨や雪の日には向かないと言えるでしょう。

プロの試合などでは、監督やコーチがこのダウンコートを羽織っていることが多くなっています。

後述するボアコートの1.5倍以上の価格であることも珍しくありません。

ボアコート

ボアコートは、フリースや起毛を使用した裏地になっているコートです。

保温性や軽さはダウンコートに劣るものの、安価に購入ができ、撥水加工がされているものも多いので、雨の日や雪の日でも安心して着ることができます。

サッカーをプレーする選手を想定して開発されているので、着たままウォーミングアップを行うこともできます。

メーカーごとに様々なボアコートが販売されていますが、多くはメーカーのロゴが大きくプリントされています。

プロでも選手はこちらのボアコートを着ていることが多く、冬の時期の試合ではボアコートを着たままベンチに座り、交代直前に脱ぐことが多くなっています。

脱ぎやすいようにスナップボタンだけの商品もあったりします。

関連記事