• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 松田陸の壁を越えられるか?セレッソ大阪の新たな右サイドバック・毎熊晟矢

松田陸の壁を越えられるか?セレッソ大阪の新たな右サイドバック・毎熊晟矢

2022シーズンのJリーグが、18日に行なわれる川崎フロンターレvsFC東京の“多摩川クラシコ”で幕を開けます。川崎の2クラブ目となるリーグ3連覇を阻むチームが現れるのか。ストップ・ザ・フロンターレが1つのポイントとなるでしょう。

また、新シーズンの楽しみの1つとして新戦力の台頭も挙げられます。今シーズンはどんな選手たちが活躍するのでしょうか?

サッカーライターの安藤隆人氏に、今シーズン期待する選手を紹介していただきました。今回は、V・ファーレン長崎からセレッソ大阪に加入した毎熊晟矢(まいくま・せいや)選手です。

■クレジット
文・写真=安藤隆人

■目次

新進気鋭のサイドバック
学生時代はムービングストライカー
地元・長崎でサイドバックとして開花
万能型サイドバックが松田陸の壁に挑む

新進気鋭のサイドバック

今季ブレイクが期待される選手は枚挙にいとまがない。なかでも、J2のV・ファーレン長崎からJ1のセレッソ大阪に完全移籍したDF毎熊晟矢(まいくま・せいや)には大きな期待を寄せている。

プロ入りから2年間を過ごした長崎で右サイドバックとして大ブレイクを果たし、新シーズンから初のJ1に挑戦する。

C大阪の右サイドバックと言えば、ずば抜けた身体能力と高いアップダウン能力を持つベテラン・松田陸がいる。2016年にFC東京からC大阪に移籍をすると、昨年までの6年間でJ1リーグ200試合に出場するなど、まさに不動の存在だ。

だが、今年で31歳となる松田とポジションを争う若き力の獲得は、チームにとって必要不可欠だった。そのなかで期待の星として白羽の矢が立ったのが毎熊だ。

身長は179cmと平均的なサイズだが、アジリティと縦へのスピードに絶対の自信を持っている。さらにビルドアップやチャンスメイク、フィニッシュワークなど幅広いプレーはC大阪において攻守の起爆剤となりうる存在だ。

なぜ彼がここまで多様なプレーができる選手になったのか──。それはベースとなるプレースタイルとポジション変遷によるものだった。

関連記事