現役にこだわり続ける。黄金世代・本山雅志、マレーシアに立つ。

日本の黄金世代、79年組には、サッカー界を代表するビッグネームが名を連ねる。そのひとり、本山雅志選手は2020年に1年間の休養を宣言。2021年には、自身のキャリアで初となる海外クラブ、クランタン・ユナイテッドFC(マレーシア・プレミアリーグ2部)に移籍した。

日本のクラブ時代とは大きく異なる環境下も、楽しいと語る本山選手。その根底には、40代に差しかかってもくすぶり続ける、現役への強いこだわりがあった。

■クレジット
インタビュー=北健一郎
構成=​​佐藤智朗
写真=Yakult Malaysia Sdn Bhd

■目次
1年の休養という決断
新天地・マレーシアへ
個性が輝く黄金世代
本山雅志はいつ引退するのか

1年の休養という決断

──2019年、出場機会がない中での退団でした。引退という選択肢は頭によぎりましたか?

本山雅志(以下、本山) いいえ。引退はいつでもできるし、行くところまで行きたいという気持ちが一番でした。年齢を重ねたことで、自分の活躍よりもチームの力になりたいという気持ちが大きくなった気がします。

その頃はありがたいことに、さまざまなチームから選手やコーチなどのオファーをいただきました。ですが2019年シーズンはケガが多かったこともあり、2020年は身体と心をリフレッシュしようと決めたんです。

──1年間をあえて無所属で過ごすのは、すごく勇気のいる決断だったと思います。休養中は、ご実家の魚屋さんを手伝っていたのですよね。

本山 そうです。魚屋ってね、めちゃくちゃ朝が早いんですよ(笑)。毎朝4時起きで、僕が車を運転して4時半からの競りに父と参加していました。競り落とした魚は、自宅に戻ってからさばいた後、お店へ並べて。

お店に出られる時は、店頭にも立っていました。その後に、昼からトレーニングなど自分のことをする生活を送っていました。夏休みの期間は、コロナ禍が落ち着いたこともあり子どもたちにサッカー教室を開いていました。

──お客さんから声をかけられたことも多かったのではないでしょうか。

本山 地元の方には、よく声をかけてくださいました。最初は不慣れだったので、「こうさばいた方がいい」なんて教えていただくこともありましたね(笑)。お会いできた機会は少なかったですが、ファンの方も何人かいらしてくださいました。

家業を継ぐつもりはありませんが、父の頑張りを間近で目にして、尊敬しなおしました。

関連記事