• HOME
  • 記事
  • ゴルフ
  • 米下部ツアーも選択肢 別ルートを歩んできたプラチナ世代が模索する来季のプラン | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

米下部ツアーも選択肢 別ルートを歩んできたプラチナ世代が模索する来季のプラン | ゴルフのポータルサイトALBA.Net

久々の試合は雨の中のラウンド (撮影:ALBA)

高校卒業後、すぐに米ツアーに参戦、もがきながらも3年間戦ってきた山口すず夏が今年、日本のプロテストを受験した。だが、結果は最終までコマを進めたものの3打足りず不合格に。古江彩佳、西村優菜ら同級生とは違う道を歩んできた21歳は、今後どのようなプランを描いているのだろうか。「神奈川レディースオープン」の会場で話を聞いた。

独特の緊張感にこの表情 プロテストフォトギャラリー

2015年に日本人として史上最年少となる14歳で「全米女子オープン」に出場するなどスーパーアマとして名を馳せてきた山口。高校卒業後の進路としては異例となる日本のプロテストを受けない道を選んだ。1年後の東京五輪で金メダルを―。強い意志を持って18年にアメリカのQスクール(予選会)を受験して、36位となりツアーカードを獲得。翌19年に世界最高峰の舞台に足を踏み入れた。

だが、ここからが厳しい戦いの始まりだった。オーストラリアで行われたプロ初戦「ISPSハンダ・ヴィック・オープン」こそ上位での戦いを経験できたものの、その後は予選通過すらままならず、決勝に進出しても下位という試合が続いた。プロ1年目は19試合出場で賞金ランク150位。この年から秋に移った日本のプロテストを受験する道もあったが、米ツアーでの戦いを選択、河本結とともに受けた最終予選会で16位タイに入って2020年も職場を得る。

2年目も同じく豪州から始動して39位タイ。だが、ここから歯車が大きく狂う。全世界を襲った新型コロナウイルスの影響により、米国女子ツアーは中断。山口も帰国を余儀なくされた。7月に再開されたが、その後も上位には入れず。一方で視界に入れていた日本のプロテストは開催されず延期に。選択肢に入れられず、同じくコロナ禍の影響で予選会が開催されなかった米ツアーに3年目も身を置くことに。しかし、今年も満足の行く結果は得られず日本のプロテストを受験する決断を下す。

第2次予選で2位に5打差をつけて1位で通過するなど、下馬評通りのスコアで最終へと駒を進めたプロテスト。「ショットも良かったし、自信がついた状態で臨めました」と調子も悪くなかった。だが、最終では何かがおかしい。「ちょっとしたことから崩れていってしまった」と振り返る。

関連記事