• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 宮城で東京五輪を観戦した人は、どんな気持ちだったのか? 観戦者に聞いてみた

宮城で東京五輪を観戦した人は、どんな気持ちだったのか? 観戦者に聞いてみた

コロナ禍で行なわれた東京オリンピック。ホストタウン・東京を中心に発出されている緊急事態宣言の影響を受け、ほぼ全ての会場で無観客開催となった。

そんななか、宮城県では7月21日からサッカー競技が男女合わせて10試合開催された。反対を受けながらも有観客開催を実施した村井嘉浩知事は「やって良かった。選手、観客、ボランティアはいい思い出が作れた」と評価したが、果たして本当に“いい思い出”は作れたのだろうか? 実際に観戦した人に聞いてみた。

観戦することの後めたさ

コロナ禍においては、スポーツ観戦自体を悪とする風潮がある。五輪開幕前から、プロ野球やJリーグは観客数の上限以内で有観客開催を行なってきた。会場内では検温やアルコール消毒などが徹底され、これまでに大規模なクラスターは発生していない。

しかし、不要不急の外出を避け、ステイホームを徹底し、やりたいことを我慢している人たちから見ると、大人数でスタジアムに集まり娯楽を楽しむ姿は悪目立ちしてしまう。それが、開催自体を否定的に考えられていた五輪なら尚更だ。

7月28日に行われた男子一次ラウンドD組のドイツvsコートジボワールを観戦した宮城県在住の会社員・石川さん(仮名)も、後めたさを感じながらスタジアムにやってきた1人だ。サッカー観戦が好きで、当初はチケットの当選を喜んでいた。

しかしコロナの感染が拡大し、大会直前の7月8日にも緊急事態宣言が発出されたことで1都3県の無観客試合が決定。さらには北海道、福島県も相次いで無観客が決まった。

「宮城も無観客になっていたら、他会場の状況を考えても理解できたと思います」

しかし宮城県は、県の方針により上限1万人の有観客で開催することを決定。「自国開催の五輪を生で観戦できる機会は、生きている間に二度と訪れないでしょう」。貴重な機会を手にした石川さんだったが、感染拡大を受けて「ギリギリまで観戦するかどうか迷いました」と素直に喜べなかった。

五輪を楽しむことがタブーとされていることは、宮城の街中を見ても一目瞭然だ。本来であれば五輪開催を歓迎するイベントが、駅や街中など至るところで行なわれ、街灯には東京五輪のフラッグがなびいていたはず。実際はそういった催し物も“自粛”。「県内で五輪が開催されていることを実感している人は、ほとんどいないのでは」と思えるほどだ。

関連記事