• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 【新時代サッカー育成対談】幸野健一×北原次郎×菅原和紀×佐々木洋文|「北海道が『育成大国』になるために」|前編

【新時代サッカー育成対談】幸野健一×北原次郎×菅原和紀×佐々木洋文|「北海道が『育成大国』になるために」|前編

掲載協力・WHITE BOARD SPORTS


■登壇者

・幸野健一|プレミアリーグU-11実行委員長/FC市川GUNNERS代表/サッカーコンサルタント
・北原次郎|プレミアリーグU-11北海道実行委員長/北海道コンサドーレ札幌アカデミーダイレクター
・菅原和紀|Faminas(ファミナス)監督
・佐々木洋文|トロンコ旭川FC 代表

■ファシリテーター

・北健一郎|サッカーライター/ホワイトボードスポーツ編集長


関連記事


環境ではなく指導者の携わりで才能豊かな選手が出てくる

──では、幸野さんから皆さんにご挨拶をお願いします。

幸野 私は千葉県でFC市川ガナーズというクラブの代表とサッカー・コンサルタントとしてサッカーの課題解決のために全国でいろいろな活動をしています。その一環として「リーグ戦文化を作っていこう」とプレミアリーグU-11という小学5年生年代のリーグ戦を組織しています。プレミアリーグは5年前から作り上げていって一昨年から北海道でもスタートし、今では全国で33の都道府県がやるようになっています。今日の参加者の皆さんもプレミアリーグに参加していただいている皆さんに集まっていただいて、北海道でさらに育成というものが実りあるものにして世界に通じるような選手が北海道から出ていくようなアイデアを皆さんとここで話し合いながら皆さんのヒントになることがお伝えできればいいなと思っているので今日はよろしくお願いします。

──対談相手のゲストとしてプレミアリーグU-11の北海道の委員長で本業は北海道コンサドーレ札幌のアカデミーダイレクターを務めている北原次郎さんに来ていただいています。北原さん、よろしくお願いします。

北原 よろしくお願いします! 北海道コンサドーレ札幌でアカデミーダイレクターをしている北原と申します。今日は幸野さんに非常に貴重な機会を与えていただきましてありがとうございます。アカデミーダイレクターということで普段はコンサドーレにある4つの拠点を中心としたアカデミーの統括をやっております。プレミアリーグU-11を2年前から北海道でやらせてもらっていますけど、まだまだ他の地域に比べるといろいろな理念を含めてしっかりとできていないところがたくさんあるので、今日はそういうところを含めて勉強する機会にしてプレミアリーグU-11をしっかりと運営できればいいなと思っています。

──北海道コンサドーレ札幌は北海道の子どもたちにとって間違いなく目標となる存在で、そのチームのアカデミーダイレクターという立場の北原さんからいろいろお話を聞けたらと思います。そして今回は他にも、プレミアリーグU-11に参加しているチームの中からゲストの方に来ていただいています。まずはトロンコ旭川FC代表の佐々木洋文さんです。よろしくお願いします。

佐々木 よろしくお願いします。トロンコ旭川FC U-12の代表と監督をしている佐々木洋文です。今日はこのような貴重な対談にゲストという形で参加させていただくことを本当に光栄に思います。

──トロンコ旭川FCはどんなチームか簡単に紹介していただけますか。

佐々木 トロンコ旭川FCは2年前にクラブチームとして設立しました。基本的には旭川から世界を目指す選手を育成するというコンセプトに、勝利至上主義からの脱却ということを大きく言わせていただいてチーム運営をしています。

──佐々木さんは素晴らしいフットボールキャリアをお持ちだと思いますがどんなキャリアを歩んできたかというのもお話ししていただきたいです。

佐々木 Fリーグのエスポラーダ北海道で2年ほど選手をしていました。その前はDC旭川フットサルクラブというチームで2回全国優勝をしています。フットサルという競技ではありますが「旭川という田舎町からでも全国優勝できる!」と体現したと思っているので、そのときの経験を今の子どもたちにも何かしら落とし込めるところはあるかなと思います。

──ありがとうございます。そしてもう一人のゲストは、Faminas(ファミナス)代表の菅原和紀さんです。よろしくお願いします。

菅原 元フットサル日本代表の菅原和紀です。よろしくお願いします。

──佐々木洋文さんとはもう盟友ですよね。

菅原 そうですね。それこそ高校までずっと別のチームだったので学生時代はライバルでしたけど、社会人になってフットサルでdivertido S.S.Pというチームを2人で立ち上げてからはDC旭川、エスポラーダとプレーして、辞めるタイミングも同じでずっと一緒です。僕ら自身もそう思っていますが周りからも「旭川の名パートナー」とずっと言ってもらっている関係性ではあります。

──今はトロンコ旭川FCとファミナスでそれぞれ監督をされていますがファミナスはどういうチームですか?

菅原 ファミナスはトロンコよりも少し早く設立されて、今年でもうすぐ4年目が終わります。もともと僕はずっとスクール(のコーチ)をしていたのですが、そのスクール制をチーム化していこうかというときに旭川実業高校の恩師である富居(徹雄)監督にも声をかけてもらって実業のグラウンドを使わせてもらいながら旭川道北地方の育成メソッドをきちんと構築していけるようなチームを目指して活動しています。

関連記事