• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • シニアサッカー中村篤次郎 ATSUO NAKAMURA Vol.3「Jクラブにシニアチームを持ってほしい」

シニアサッカー中村篤次郎 ATSUO NAKAMURA Vol.3「Jクラブにシニアチームを持ってほしい」

11月14、15日に日本サッカーの聖地であるJ-VILLAGEで開催された「第1回全国シニアサッカー大会O-40」、通称“裏・選手権”。
同大会を発起人・プロデューサーとして立ち上げたのが中村篤次郎さんだ。1人のアマチュアフットボーラーの強い思いが出発点となって始まった、大人が真剣に遊べる場所とは。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

真剣に遊ぶから得られる達成感がある

――これだけ大掛かりな大会になると、もしかしたら“表”を超えてしまう可能性もあるのでは……。

いえ、私としてはこの大会の価値がJFA主催のものを超えることは絶対にないと思っています。開会式でもお話したのですが、「来年度はここで会いたくありません」と。みなさんが目指すべきは、あくまでも“表”の大会なので。この価値が今後も変わることはありませんし、不変なものだと思っています。

――この大会に出場されたようなシニアの選手たちは、なぜここまで膨大な時間やいろいろものをかけてでも、サッカーをやるのでしょうか。

「真剣に遊ぶ」というのが大会の一つテーマです。ある程度努力というか、なにかを犠牲にしないと得られないものもあると思うんです。とはいえ、エンジョイのサッカーを否定するわけではなく、それはそれで楽しくて素晴らしいと思います。でもやっぱりガチンコでやるからこそ芽生える友情や向上心というのはあるんじゃないかなと。

――例えば登山も登るのは苦しいだけだけれど、登ったときの景色の美しさや達成感があるから人は山に登るというのがよく言われますよね。シニアの選手たちもまさにそんな感じなでしょうか。

おっしゃる通りで、努力したからこそ得られる達成感というのはやった人にしかわからないと思います。でも、スポーツの魅力はそれだけではないですし、エンジョイしたい人のための大会というのはたくさんあります。自分が大会を作るのであれば今までなかった真剣にやってきた人たちのための大会をやろうと思ったんですね。

――実際の試合自体はどんな内容だったのでしょうか?

個人賞を主催者側が選出しなければいけないので、試合もちゃんと観ました。スタッフだけでは心許ないので主審の方にも協力していただいて、気になる選手をチェックしてもらったりしていましたね。

――ちなみにMVPは?

優勝した羅針盤倶楽部NAGOYAのDFの6番・内藤洋平選手です。優勝を決めゴールをしたり、守備面でも非常に効果的なプレーを見せていました。全会一致でMVPに決まりました。

関連記事