幸野志有人 SHOOT KOHNO Vol.3「サッカー選手としての失敗から学んだこと」

現役サッカー選手でありながら、アパレルブランド、ラジオMCなどビジネス面でも多彩な才能を発揮する。
幸野志有人はサッカー選手を続けるために、サッカー以外でも稼ぐという新たなロールモデルを作ろうとしている。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

サッカーに依存しながら生きたくない

――現在は次の所属先を探している段階ですけど、改めて選手としては今後のキャリアをどう考えていますか?

日本でチームを探すという選択肢はもちろんあるんですけど、例えばここからめちゃくちゃうまくいってJ1までいっても僕の中では物足りないなと思うところがあるんですよ。もちろん、日本にいてやれることがないわけではないです。ここでやれることはたくさんあるんですけど、総合的に考えると海外でプレーした方が僕にとってのメリットは大きいかなと思っています。

――海外でプレーすることでのメリットはどんなところにあると思います?

海外でプレーしても何もそこで得ずに帰ってくる選手もいると思うんですけど、海外に出た方が絶対的に苦労するからその分得られるものも大きいと思うんです。だから今はJ1を目指したり、国内でプレーすることにあまり魅力を感じていないんですよね。昔はJ1を目指していたし、そこでプレーすることは素晴らしいことだと思うんですけど、物足りないなと感じるのが今の自分の価値観というか、リアルなんですよね。

――そうした考え方は昔からですか?

やっぱりキャリアをある程度重ねてからですね。みんなそうだと思うんですけど、いつか絶対に終わりが来るとわかっていてもやっぱり考えたくないんですよ。そこから目を背けてしまうと思うし、実際に何をすればいいのかわからないというのもありますよね。

――やっぱりどの選手もわかっていることなんですよね。でもそれにしっかりと向き合えるかどうかということですね。

最近“人の価値”が何なのかを考えるんですよ。人と違うものを持っていれば価値があるわけじゃないですか。例えばサッカー選手がサッカーしかできなくて、ある程度Jリーグでキャリアを重ねて引退したら下部組織のコーチとかはできると思うんです。ただその人たちは毎年増えていくし、よほど現役時代に結果を残してる選手でなければ給料も高くないと思います。だから僕も今引退してコーチになったらその人たちと同じ給料しかもらえないですよね。そこで例えば英語が話せるからインターナショナルスクールのコーチとして雇われたら他の人ができない英語でのコーチングというのができるから給料が高いというのも当たり前の理屈じゃないですか。そう考えたらそんなに難しい話ではないと思うんですよね。

――確かにサッカー選手という枠で考えると、コーチになるというのはごく普通の選択肢ですね。

人の価値という視点で考えると、日本人が行ったことのない国でプレーするというのもそれは価値があることだと思うんです。そういう視点でこれからのキャリアを考えていきたいと思っています。結局、人と違うものを持っていなければ替えが利く存在になるですよね。もちろん、簡単だとは思っていないですけど。英語とかもずっと勉強しているけど、だからと言ってうまくいくものでもないし。ただ、続けるということに関してはアスリートはみんなできることだと思います。

関連記事