• HOME
  • 記事
  • サッカー
  • 幸野志有人 SHOOT KOHNO Vol.1「サッカー選手を続けるために、サッカー以外で稼ぐ」

幸野志有人 SHOOT KOHNO Vol.1「サッカー選手を続けるために、サッカー以外で稼ぐ」

現役サッカー選手でありながら、アパレルブランド、ラジオMCなどビジネス面でも多彩な才能を発揮する。
幸野志有人はサッカー選手を続けるために、サッカー以外でも稼ぐという新たなロールモデルを作ろうとしている。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

サッカー選手の当たり前を変えたかった

――幸野選手は今年に入って「CLUB SARCASM(クラブ・サーカズム)」というアパレルブランドを立ち上げられて、売り上げも好調だと聞きました。Jリーガーのアパレルというのは珍しくはないと思いますが、幸野選手の場合は自身で工場と交渉したり、デザインから生地選び、発注までやっているそうですね。引退後ならまだしも現役のうちにそこまでできる選手は少ないと思います。まずはなぜサッカー選手以外のところでビジネスをしようと思ったのですか?

僕が洋服とかサッカー以外のことでお金を稼ぎたいと思ったのは、そもそもサッカーがめちゃくちゃ好きで、サッカーをなるべく続けたいと思ったからなんですよ。

――サッカー選手を続けるために他で稼ぐと?

サッカー選手の価値というのはピークを過ぎると基本的には落ちていきますよね。それに伴って自分の年俸が下がってきて、これ以上はもう現役を続けるのが難しくなったから引退しなければいけないっていう状況を変えたかった。それがそもそもの発想のスタートですね。

――年棒が下がっても他で稼げていれば現役を続けることができるということですね。

プライオリティの一番上はもちろんサッカーで、そこがもうやりたくないと思ったらいつでも辞めるつもりです。でもまだやりたいと思っていて、やれる自信もあるのに辞めなければいけないという状況にならないようにしたかった。だからサッカー以外のことで稼いでおこうと思ったんですよね。ただ、しっかりとマネタイズして、サッカー選手としての給料と合わせて生活していけるようにするのは簡単ではないと思います。でもいずれはサッカー選手以外のことに切り替えなければいけないのだとしたら少しでも早く始めたほうがいいですよね。もちろん、そこでサッカーに支障が出てはいけないというのは前提にありますけど。

――サッカー以外のビジネスで稼ぐことで、そういう不安から解放されて自由にサッカー選手を続けられるわけですね。

自分がそういう状況になってわかったことなんですけど、日本だと12月頃になると契約延長か満了かを告げられるんですね。選手としては年内に契約を決められなければ結構キツいんですよ。実際、去年は厳しかったし、今年もコロナの影響でもっと厳しいと思います。そういう不安な気持ちで年を越すのはすごく嫌なわけです。そういうときに毎月安定した収入があったら精神的に全然違いますよね。

――それは当然そうだと思いますね。

僕は独身なのでそこまで気にしていなかったんですけど、家族がいる選手はもっと不安じゃないですか。例えば契約満了が告げられてからある程度時間が経って焦りがあるなかでオファーが届いたとします。そもそもオファーがあるだけありがたいですけど、そのオファーも、もうちょっと待てばもっと良いオファーがあるかもしれないけど、それを待つ余裕がないからそれを選ぶしかなくなる。もしくは金銭的にやっていけるオファーがなく他からの収入源もなければ現役を辞めなきゃいけなくなる。 そういう状況を避けたかった。

関連記事