• HOME
  • 記事
  • アウトドア
  • 無骨さが男心を鷲掴み!「ミルジュアリー」にこだわるアウトドアショップ「TRUNK ZERO」

無骨さが男心を鷲掴み!「ミルジュアリー」にこだわるアウトドアショップ「TRUNK ZERO」

千葉県市川市の住宅街に佇むアウトドアショップ「TRUNK ZERO」。アウトドアとお酒好きな店長がこだわり抜いた、無骨で男らしいギアがずらりと並ぶショップです。オープン1周年を迎えたお店には多くのキャンパーが集っていると聞き、hinata編集部が真相を確かめに行ってきました!

「TRUNK ZERO」ってどんなお店?

追求したのは「ミルジュアリー」というテーマ

hinata編集部が訪れたのは、千葉県市川市のバス通りに面するアウトドアショップ「TRUNK ZERO(トランク ゼロ)」。店長の清水慎哉さんの掲げるテーマ「ミルジュアリー」を追求したギアが所狭しと並ぶ、無骨なギア好きにはたまらないショップです。

「なかなか手に入らないガレージブランドのギアが、ちょくちょく入荷されている」と口コミでも話題。都内からのアクセスも良好で、出張ついでにお店を訪れる地方のお客さんも後を絶たないそうです。

清水:お店、入って来にくくなかったですか?

━━━ え!全くそんなことなかったですよ。入りにくそうにした方がよかったですか…。

清水:99%のお客さんが男性なので、女性だけですんなり入ってきてもらえてビックリというか(笑)。

━━━ 店外から見ているより店内に入ってからの方が男性の人気がうなずけますね。これは「ミルジュアリー」というお店のテーマに紐づくのでは…!?

清水:ご明察の通りです!僕がお店のテーマとして掲げているミルジュアリーとは、ミルスペックとラグジュアリーがあわさった造語です。アウトドアって、米軍っぽいゴツめのミリタリー感という印象が強くて、そこから脱却したかったのと、ラグジュアリーな感じを掛け合わせたかったので、ミルジュアリーを追求し始めたんです。

━━━ (ぐるりと見渡して)店内の一貫性がすごいですね!実際にお店に訪れるのは、ミルジュアリーを求める男性キャンパーということになるのでしょうか?

清水:もっぱら30代〜40代の男性が多いかな。キャンプにはある程度の経験や知識があって、「次のステップに行きたい」とか「手持ちのギアに満足できなくなってきた」なんていうお客さんに来ていただいています。中には、ギア購入を目的としているわけではなく、お酒好きの私のためにお酒を持ってただ飲みに来るお客さんもいます(笑)。

関連記事