• HOME
  • 記事
  • その他
  • 東京Vユース出身のeスポーツ選手らんこむ。「ゲーマー=暗いというイメージを変えたい」

東京Vユース出身のeスポーツ選手らんこむ。「ゲーマー=暗いというイメージを変えたい」

東京ヴェルディのアカデミーでプロ選手を目指していたサッカー少年は、今、別のピッチで新たな夢に向かっている。eスポーツプレイヤーとして、東京ヴェルディに所属するらんこむ選手。eスポーツに懸ける想いとは? 前代未聞の挑戦を続けるらんこむ選手に迫った。

■クレジット
取材=北健一郎
文=原山裕平

■目次
大学でサッカーを辞め、eスポーツプレイヤーの道へ
一番リアルなウイイレはサッカー経験者の方が有利?
ヴェルディのエンブレムに恥じないようにしなければいけない
eスポーツプレイヤーという道があることを見せたい

大学でサッカーを辞め、eスポーツプレイヤーの道へ

──らんこむさんは現在、eスポーツプレイヤーとして活動されていますが、かつては東京ヴェルディのユースチームに在籍していたそうですね。

らんこむ 小学3年生からサッカーを始めて、ヴェルディのスクールに入りました。そこから高校3年生までの9年間、ヴェルディのアカデミーでプレーしていました。大学でも少しだけサッカーをやっていましたが、続けることが難しくなり辞めてしまいました。

──らんこむさんは現在29歳ですが、当時憧れていた選手は誰ですか?

らんこむ ヴェルディとは関係ないんですけど、小野伸二選手が好きでした(笑)。

──ご自身もテクニシャンタイプだったのでしょうか?

らんこむ 足下の技術に特化したタイプでした。ヴェルディのプロの試合を見てもらってもわかると思いますけど、ヴェルディの選手はとにかく足下が上手い。ですが、そのなかでも教えてくださった方が熱い方だったので、ファイティングスピリッツも備わっていたと思います。

──プロを目指していたそうですが、大学でなぜサッカーを辞めてしまったのでしょう?

らんこむ 高校までは本気でプロを目指していましたが、大学サッカーでは、クラブとは違う部分が多くて、面白みを感じられなくなってしまったんです。ゲームの方が面白くなってしまいましたね。

──ゲームと出会ったきっかけはなんだったのでしょうか?

らんこむ 小さい頃に友達の家に集まって、スマブラ(大乱闘スマッシュブラザーズ)とかをやっていて、その延長線上ですね。ウイニングイレブンをみんなとやり始めて、そこからはまっていった感じです。

──そこからeスポーツプレイヤーには、どのような経緯でなられたのでしょうか?

らんこむ 初めは遊びでやっていましたけど、大学生くらいになると知識もつくので「ゲームも上手いし、何かできたらな」とはずっと考えていました。

その頃は「eスポーツ」という言葉は浸透していませんでしたし、「ゲーミングチーム」なんて言葉もありませんでした。でも「このゲームで活動できればいいな」とはその頃から思っていました。

それからしばらくして、「eスポーツ」という言葉が流行りはじめて、「ヴェルディeスポーツ」が立ち上がり、ウイニングイレブン部門ができるということを知って「これはもう、俺しかいないんじゃないか」ということで、入らせていただきました。

──「自分はゲームが上手い」と感じたきっかけはありますか? 例えば大会に出場したり、オンラインのランキングなどで客観的に見て「上手い」と感じたのでしょうか?

らんこむ オンラインでは全然負けなかったですね。試合を重ねるなかで、「ああ、自分は上手いんだな」というのはありました。

──ちなみに、らんこむさんはゲーム全般が上手いのですか。それともウイニングイレブンに特化して上手いのか。どちらですか?

らんこむ 今流行りのAPEXというFPSのゲームがあって、これも得意としています。やれば全般的になんでもできると思います。

関連記事