• HOME
  • 記事
  • その他
  • 日本サッカー界に帰ってきたフジタ。JFAと進める、芝生のある街づくり【JFAパートナー企画 #4】

日本サッカー界に帰ってきたフジタ。JFAと進める、芝生のある街づくり【JFAパートナー企画 #4】

左が営業担当の大森洋次郎氏、右がJFA マーケティング部部員 青地俊彦氏

2019年11月、建設会社の株式会社フジタは『JYDグリーンプロジェクトパートナー』として、JFAと共にグラウンド整備を通じた街づくりに取り組んでいます。

J1リーグ所属・湘南ベルマーレの母体となるチームを創設するなど、Jリーグ開幕以前から日本サッカーと深い関わりのあるフジタ。今回は、同社営業担当の大森洋次郎さんに、JFAとパートナー締結を結ぶまでの経緯や、日本サッカー界におけるグラウンド施設の重要性について伺いました。

〈JFA Youth &Development Programme 連載記事はこちら〉
#0 日本サッカー協会が目指す、パートナーシップのあり方。サッカーだからこそできる課題解決

#1 「当たり前にある安心」を求めて。モルテンは黒子として日本サッカーを支え続ける

#2 すべてのサッカー選手のケガを防ぐために。ニチバンがJFAと組む理由

#3 「25億人の生活を向上させる」JFAとPHILIPS、合致した目的地。

#5 日本総研が目指す、「サッカーから始まるまちづくり」とは?

#6 「24時間365日、ポケモンのことを考えている会社」は、なぜJFAと契約したのか。

関連記事