• HOME
  • 記事
  • その他
  • スポーツライターは、廃業するしかないのか? スポーツメディア2021年冬のリアル

スポーツライターは、廃業するしかないのか? スポーツメディア2021年冬のリアル

 

「バズ狙いの刺激的なタイトルだな」と思われるかもしれない。しかし、そういう問いを立てざるを得ないほど、困窮するスポーツライター・編集者は増えている

あるJリーグクラブを中心に取材する書き手は、J2降格に伴いアルバイトを増やすことを考えているそうだ。交通費が満額支給されるケースも減り、長距離移動に新幹線を使うことはめったにない。長距離バスや寝台特急など、費用の安い手段を駆使して取材活動をなんとか成立させている。

彼らのような現場の人間は、「スポーツライティング」一本で生計を立てるのに苦心している。一方、立ち位置をずらすことで十分なフィーを獲得するメディアパーソンも少数ながらいる

今回の記事では「スポーツメディア2021年冬のリアル」と題し、2021年12月現在における「スポーツメディア業界の生の声」をオムニバス形式でお届けする。

先にお断りしておくが、この記事では「スポーツメディアが厳しい」とも「まだまだ儲かる」とも断言しない。現場に立ち続けるか、一歩引くか、業界の外から関わるか……どのようなポジションを取るかはそれこそ「生き方」であり、正解など存在しないと考えるためだ。

あくまで「ポジションによっては、こうした景色が見える」という状況を紹介するものであり、正解・不正解ではない。また、当然ながら実名を出せない方もいるため一部は匿名であることをお断りしておく。

■クレジット
取材・文=SmartSportsNews編集部

■目次
「クラブが無料の情報発信を行なう中、われわれに存在意義はあるのか」
「コロナ禍以前に、兼業でないと生活が成り立ちません」
「2021年の売上は、ライター時代の数倍になりました」
「若い人には、ある意味狙い目だと思いますよ」
「スポーツ専業に戻る可能性は、低いと思います」
あとがき

関連記事