• HOME
  • 記事
  • その他
  • 「リオvs東京」— リオ五輪・パラリンピック開幕前!2020年東京大会との国民注目度を比較

「リオvs東京」— リオ五輪・パラリンピック開幕前!2020年東京大会との国民注目度を比較

リオデジャネイロ五輪の開幕が約1ヶ月後に迫っている。そして4年後の2020年には東京五輪を控えているが、リオ五輪と東京五輪では、日本国民の注目度はどちらが高いのか。また、五輪閉幕後に開催されるパラリンピックへの関心度はどの程度のものなのか。スポーツマーケティングリサーチ会社「レピュコム」のデータから、世界最高峰のスポーツの祭典を読み解いていく。

※本調査は2016年3月、16歳~59歳の男女2,060人にインターネットを通じて行われました。

国民の興味は、自国開催の東京五輪に軍配

リオ五輪の興味関心度

東京五輪の興味関心度

※オリンピック興味TOP1・・・夏季もしくは冬季オリンピックに「とても興味がある」と答えたスコア

※パラリンピック興味TOP1・・・夏季もしくは冬季パラリンピックに「とても興味がある」と答えたスコア

はじめに、「リオ五輪、東京五輪をどの程度楽しみにしているか?」という調査では、リオ五輪を楽しみにしていると答えた者は全体で49%を記録し、東京五輪を楽しみにしていると答えた者が60%と上回った。やはり、国民の興味は自国開催の東京五輪に傾いているようだ。

しかし、事前に行われたオリンピック自体への関心度調査で「とても興味がある」と答えた「オリンピック興味TOP1」層の回答を見ると、リオ五輪、東京五輪ともに92%と全く同じ数値に。五輪への興味が強いスポーツファンは、自国開催でなくとも大会自体に強い関心を抱いていることが分かった。

関連記事