【テキスト版】CROSSOVER「STANCE」深堀圭一郎×北澤豪

輝きを放つアスリートたちは、どのようにして頂点を極め、そのときに何を感じ、そして何を手にしたのか―― 。

自身もプロゴルファーとして活躍している深堀圭一郎が、スポーツ界の元トップ選手や現役のトップ選手たちをゲストに招いて、アスリートたちの深層に迫る、BS無料放送『クロスオーバー』連動企画のテキスト版。

そこから垣間見えてくる、ゴルフにも通じるスポーツの神髄とは? 第3回目のゲストは北澤豪さん。

※敬称略

プロになるため海外へ……

そんな夢を抱いた少年時代。

Jリーグ誕生後は世界で戦う代表入りを目指す

深堀:今回から、Jリーグ創成期にその人気を支えたレジェンドプレーヤー・北澤豪さんにお話を伺います。現在はサッカー解説をはじめスクールの主宰や『日本障がい者サッカー連盟』の会長を務めるなど、さまざまな分野でご活躍中ですが、何か特別な想いをお持ちですか?

北澤:求めているのは「広がり」ですね。Jリーグがスタートしたときもサッカー界は広がりましたけど、さらに幅を持たせていく必要があると思うんです。実際に海外のサッカー先進国では、そういう取り組みをしている選手が数多くいます。

深堀:ゴルフ界も、海外では地域交流を深める活動などがあります。僕と親交のある丸山茂樹プロも海外でのプレー経験から『ジュニアファンデーション』などを開催しています。海外経験のあるプロが実践してくれると、僕らもメディアも注目します。その結果、多くの人たちが応援し始めるなど、ゴルフ界も以前より幅が広がってきていますね。

北澤:これはサッカーもゴルフも同じだと思いますが、世界で通用する選手が出てきてこそ理解してもらえると思うんです。サッカーならワールドカップの出場がそうですしね。やはり、競技が強くならないと発展しないと思います。

深堀:今はJリーグがあり、スタジアムも整備されていると思いますが、北澤さんの学生時代はグラウンドの状況はどうでしたか。

北澤:まさにJリーグが発足して大きく変わった部分だと思いますね。例えば、昔は国際試合を冬に日本で開催すると芝が茶色い状態だったんです。海外の選手が来日して、それを見て「どこで試合するの?」といっていましたから。みんな「緑の芝」しかイメージがないわけです。ところが、僕らは学生時代から土のグラウンドで試合をしていたので違和感がないんです。高校生のときにインターハイでベスト8ぐらいまで進むと芝のグラウンドになるのですが、当時は逆にやりにくくて。いつも土の上でしたから(笑)。今の高校生は基本的に「土の上で試合はできません」というスタンスなので、圧倒的に環境が変わったと思います。

深堀:僕もゴルフを始めたころは、河川敷でプレーしていました。最初はショートコース、うまくなったら河川敷の18ホールをプレーするんです。そして、河川敷でまともにプレーできるようになったら「本格的なコースでラウンドできる」と、父にいわれました。当時は芝ではなく雑草地帯からボールを打っていましたが、そういう環境で練習したことがプラスになっていると思います。理由は、世界には状態の悪いコースが数多くあるからです。世界を舞台に活躍するにはライが悪い状況で打てる技術を持っていたほうが有利なわけです。今の若い人たちとは違い、僕らがゴルフを始めたころはクラブがフルセットそろっていないのも普通でした。パターも含めて4~5本でプレーしていたんです。その中で「どう距離を合わせるか、風に負けないためにどう打つか」など、状況を考えながらラウンドしていましたね。

北澤:サッカー先進国でも、ブラジルなどに行くと子供たちがデコボコのグラウンドでプレーしていますね。とはいえ、ここまで発展している日本で、あえて悪い環境をつくるのは難しいかもしれません。

深堀:北澤さんが若いころは、まだ日本にはJリーグが存在してなかったと思うのですが、当時から「プロになりたい」という夢はあったのでしょうか?

北澤:小学生のころから「プロになるには海外しかない」と思っていましたね。それで中学生のころに「ブラジルに行こう」と考えたのですが、最後の決断で迷いが生じ断念しました。ただし、中学生のころに読売サッカークラブのジュニアユースに所属していたので「プロ的な思考」には触れていました。当時は、ラモス瑠偉さんや都並敏史さんらがトップチームにいて、彼らが給料を現金で受け取る姿なども間近で見ていましたから。今のJリーグの取り組みと一緒ですが、同じ施設内に「トップ選手」「その下の選手」「高校生」「中学生」がいる環境に身を置くと、頂点までの道筋が見えやすいんです。

深堀:本物を間近で見ることは大切ですよね。実際に社会人からJリーグというプロの世界へ移行したときは、環境なども激変したと思うのですが。

北澤:そうですね。いきなりプロになったので、最初は戸惑いもありました。その先には、日本代表という舞台も見えていたので。当時からトップ選手たちは、世界を相手に戦える日本代表入りを最大のモチベーションにしていたと思います。

深堀:サッカー界もトップ選手は、やはり世界を意識しているんですね。

関連記事