【テキスト版】CROSSOVER「STANCE」深堀圭一郎×松田丈志

輝きを放つアスリートたちは、どのようにして頂点を極め、そのときに何を感じ、そして何を手にしたのか―― 。

自身もプロゴルファーとして活躍している深堀圭一郎が、スポーツ界の元トップ選手や現役のトップ選手たちをゲストに招いて、アスリートたちの深層に迫る、BS無料放送『クロスオーバー』連動企画のテキスト版。

そこから垣間見えてくる、ゴルフにも通じるスポーツの神髄とは? 第7回目のゲストは松田丈志さん。

※敬称略

アナタならやれる、そんなコーチの言葉で奮起!高校時代は1日に30キロ泳ぐことも!

深堀:今回は競泳男子の日本代表としてオリンピックで3大会連続でメダルを獲得し、現在はコメンテーターとしてもご活躍されている松田丈志さんに、お話を伺います。松田さんが、水泳を好きになったきっかけは何だったのでしょうか。

松田:姉が水泳をしているのを見て「自分もやってみたい」という気持ちになったんです。始めてみると、初日から少し泳げたこともあって楽しいと感じました。先生にも「君は上手にできるね」といわれたのが今でも記憶に残っています。

深堀:そのときに褒めてくれた方が、後に子弟関係となる久世コーチですか?

松田:実は違うんです。当時はコーチが複数いて、久世コーチは選手コースを見ていたので、最初は初心者に教える方に褒められた感じです。

深堀:その後、久世コーチとの師弟関係はどれくらい続いたのでしょう?

松田:4歳のころから指導をしていただいて、引退するまでの約28年間になります。途中1年間ほど違うチームにいた時期もあるのですが、長く指導をしていただきました。

深堀:いいコーチに「どう出会うか」もアスリートにとっては重要ですよね。ちなみに、僕の師匠は父ですが松田さんのご両親は水泳に対して、どのようなスタンスでしたか?

松田:後ろから見守ってくれている感じでしたね。父はスイミングクラブへの送り迎えや大会時の動画撮影。母は美味しい食事を用意してくれました。

深堀:ご両親は、本当にサポートに徹しておられたんですね。子供のころは「褒めるられる」とすごくうれしいと思うのですが、当時のコーチの指導はどうでしたか?

松田:厳しかったですが、いいときは褒めてくれましたね。印象に残っているのが「アナタならやれる!」という言葉です。負けたときもこの言葉で「もう一度挑戦しよう」という気持ちになりました。

深堀:松田さんは地元の宮崎県延岡市で練習していたプールがビニールハウスだったのも有名ですね。

松田:当時は、今のように情報が入る時代ではなかったので、ビニールハウスのプールが当たり前だと思っていました。しかし、全国大会に出場するようになり「他の選手が1年中暖かいプールで泳いでいる」ことを知ったんです(笑)。僕らのプールは水だけでしたから、冬は水温が9度近くまで下がることも。そのため、冬場は走り込みなどのランニングが練習の中心でしたね。ほかにも、サーキットトレーニングを実践して体作りに励んだり。でも、この時期の走り込みが基礎体力を養ったと思います。

深堀:「走る」ことで、特に子供の頃は心肺機能が強くなりますよね。

松田:そうですね。心肺機能が伸びるのは、おおよそ中学生ぐらいまでといわれています。この時期に水泳だけに偏らず、体幹トレーニングもしていたのがよかったと思います。

深堀:トレーニングの一環という意味で、食事面はどうしていましたか?松田僕はかなり食べる方で、好き嫌いもなかったので、ある程度バランスよくとれていたと思います。今思えば牛乳は1日に2.5リットぐらい飲んでましたね。

深堀:喉が乾いたら牛乳という感じですね。背が高くなる効果などはありましたか?

松田:家族はみんな背が低くて、僕だけ高いので効果があったのかもしれません(笑)。ご飯も丼で3杯ぐらい食べていました。中学時代は、学校のお昼用と放課後の練習前用と2つの弁当を持参していましたから。

深堀:水泳選手は消費カロリーがものすごいですよね。

松田:僕の現役後半で5000キロカロリーぐらいでしたね。若いころは、さらに練習量が多かったので、6000~7000ぐらいの消費カロリーがあったと思います。今までで一番練習したのは高校生のころ。1日に30キロ(朝・昼・夜各10キロ)を泳いだこともあります。10キロ泳ぐのに約3時間程度かかるので、その日だけで9時間、前後を入れて10時間以上練習していました。1週間で120キロぐらい泳いだこともあります。

深堀:最近は「耐乳酸トレーニング」なども注目されていますよね。

松田:僕は大学生ぐらいから、そういった効率のいい科学的なトレーニングも取り入れてました。そこで、短時間に集中して乳酸を出すような動きを実践していたんです。乳酸を出した状態で体を動かし続けることで、乳酸に対する耐性が強くなりエネルギーとして再利用する効率も上がっていきますから。

深堀:なるほど、水泳選手の練習は本当にすごい。

関連記事