• HOME
  • 記事
  • その他
  • あなたのテントを本気で選ぶ!人気ファミリーテント5つを徹底比較

あなたのテントを本気で選ぶ!人気ファミリーテント5つを徹底比較

PR

ホールアースのテント 出典:エルブレス

「自分に一番合ったキャンプギアはどれだろう?」。そんな疑問に答えます!テーマに合わせて厳選した5つのキャンプギアを徹底比較。あなたに最適なものが必ず見つかります。今回は、ファミリーテント編。Ogawa、スノーピーク、コールマンなど家族に人気のブランドから注目テントをピックアップし、性能や使用感を比べました。

LINEの友だちを追加## 「本当に必要なテント」が分からない…。

キャンプギアを選ぶとき、何を参考にして、何を基準に選んでいますか。たくさんの情報があふれている今、自分に最適なギアを選ぶのは意外と難しいもの。そんな初心者の方のため、日々あふれるようなキャンプギア情報に触れているhinata編集部が、キャンプギアをどんどんジャッジしていきます。

今回のテーマは、ファミリーテント。大手スポーツ・アウトドア店「スーパースポーツゼビオ」とアウトドア専門店「エルブレス」で購入できる物の中から5つのテントをピックアップしました。気になるものはそれぞれ実際に手にとってみてください。良い点も悪い点も包み隠さず徹底比較します!

あなたにぴったりのテントは?hinata編集部が本気でジャッジ!

大自然の中にあるテント出典:ibaki / ゲッティイメージズ

今回選んだのは、以下の5つです。

①ogawa ツインピルツフォークL
②ホールアース ハーフクーヘン
③コールマン タフワイドドーム
④ノルディスク アスガルド
⑤スノーピーク アメニティドームL

どれも多くのキャンパーに愛されるテントばかり。ですが、それぞれ愛される理由は異なります。その違いを明らかにして、あなたにぴったりなテントを見つけましょう!

①ogawa ツインピルツフォークL

【ここが良い①】このサイズにして、破格の軽さ!

ogawaのテント出典:エルブレス

【ここが良い②】老舗のテント屋が見せる、細部へのこだわり

従来のツインピルツフォークT/Cが630×355×210cmであるのに対して、長さ700×幅400×高さ225cmと一回り大きいサイズ。4人家族で別売りのインナー等を取り付けてツールームテントとして使うには十分な高さと奥行きです。

総重量はたったの8.2kg。これほどの大型幕であれば、通常は20kgほどになる場合が多いですが、ツインピルツフォークLは、ポールの素材にスチールではなくアルミ合金を使用することで、重量を抑えています。

ogawaのテント出典:エルブレス

幕の中央にファスナーが付いているのがこのテントの大きな特徴。ドアパネルを二つに分けられるため、片方を閉じればプライベート感がアップします。慣れてくればさまざまなアレンジに挑戦できるのも今後の楽しみの一つになりそうです。

このファスナーはトリプルファスナーになっており、換気やストーブの煙突を出すのに役立ちます。サイドウォールも付いていて、雨風もしっかりしのげます。さらに下部に付けられたスカートが冷気を防ぎ、冬でも活躍。老舗のテントブランドならではの細かい気遣いが感じられます。

【ここが気になる】あくまで「幕」。寝泊まりにはオプションが必要…。

ogawaのテント出典:エルブレス

ツインピルツフォークLは、正確にはテントではなく「幕」。シェルターというタープの一種です。床がないため、オプションパーツであるインナーテントを導入したり、小さめのテントを中に入れてカンガルースタイルにしたりと寝泊まりするための準備が必要です。ツインピルツフォークL自体は、価格が10万円以内とお財布に優しいですが、実はテント泊するために追加で出費の必要となってしまいます。

【結論】大人数でワイワイ宴会したい方におすすめ

寝泊まりに工夫は必要ですが、裏を返せばそれだけさまざまなスタイルが試せるのはツインピルツフォークLの魅力。家族が多い方や、仲間も呼んでワイワイとファミリーキャンプをしたいという方にはぴったりです!

【基本情報】
使用サイズ:700×400×225cm
収納サイズ:75×28×28cm
カラー:サンドベージュ×ダークブラウン
重さ:8.2kg
素材:
[フライ]ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1,800mm)
[ポール]6061アルミ合金
付属品:張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

\ みんなでワイワイしたい方はこれ /

ツインピルツフォークLを見る→

関連記事