Smart Sports News

Tリーグ琉球、プロ卓球初のクラブトークン発行 “ブロックチェーン”でファン活性 

UPDATE 2021/07/20

  • SHARE

Tリーグ琉球、プロ卓球初のクラブトークン発行 “ブロックチェーン”でファン活性 図:琉球アスティーダ、トークン発行の仕組み/提供:琉球アスティーダ

卓球ニュース Tリーグ琉球、プロ卓球初のクラブトークン発行 “ブロックチェーン”でファン活性

2021.07.21 文:ラリーズ編集部 Tリーグ男子の琉球アスティーダが21日、プロ卓球チーム初となるクラブトークンの発行と販売開始を発表した。

このページの目次

プロスポーツチームによるクラブトークン発行が活況に

写真:FCバルセロナのメッシ/提供:AFP/アフロ
写真:FCバルセロナのメッシ/提供:AFP/アフロプロスポーツチームのトークン発行は、スペインサッカーのFCバルセロナが公式トークン発売から2時間足らずで130万ドル(約1億4000万円)を売り上げたことで話題となったが、国内でもJリーグの湘南ベルマーレ、Bリーグの仙台89ERS他が導入するなど、広がりつつある。

クラブトークンの保有者には、チーム運営に関わる投票などの企画に参加する権利が付与され、よりチームが身近に感じられることから、スポーツファンの間で人気が高まりつつある。

トークンは売買も可能で、プラットフォーム上での取引状況に応じて価格が変動するため、チームの活躍や人気上昇に伴ってトークン自体の価値が上がる可能性がある点も注目されている。

琉球アスティーダ、プロ卓球チーム初のクラブトークンを発行

吉村真晴
写真:Tリーグ男子年間王者の琉球アスティーダ/提供:Tリーグ卓球のプロチームでは琉球アスティーダが初のチームトークン発行体となった。

ファンは、ブロックチェーン技術を利用したクラウドファンディングサイト「FiNANCiE(フィナンシェ)」上で、トークンを購入・保有することができ、VIPルームでの試合観戦やファン投票・交流イベントへの参加などの特典が得られる。

琉球アスティーダは今年2月にTリーグ男子の年間王者に輝くと、3月に東証プロマーケットに上場。4月には女子卓球チームの九州アスティーダ設立を発表するなど、新しいチャレンジを続けている。

琉球アスティーダ関連記事

>>琉球アスティーダはなぜ上場したのか 早川社長に聞いてみた

>>京セラ、Tリーグ琉球と協業へ IoT卓球ラケットを共同実証

卓球×テクノロジー関連記事

>>ギネス認定のAI卓球ロボ「フォルフェウス」第5世代に、卓球歴17年の経験者が挑んでみた

>>日本発MR卓球ゲームがテキサス上陸 アカツキがSXSWに出展

ダブルスを制すものがTリーグを制す!?『データでみるTリーグ』

データでみるTリーグ

ダブルスで勝利するとその試合に勝つ確率は70%以上ってホント?
サーブよりレシーブで点数を稼ぐ選手は存在する?
Tリーグ出場選手の最も多い年代は25〜29歳?

データから読み解く、卓球「Tリーグ」の魅力。日本卓球界に新たに誕生したTリーグ。「いまさら聞けない」Tリーグの基礎知識から、観客動員数、外国人選手の貢献度まで、どこよりもわかりやすく解説します。

>>電子書籍 データでみるTリーグはこちら

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事