Smart Sports News

同胞対決制したオフチャロフが第2戦王者に<卓球・デュッセルドルフマスターズ>

UPDATE 2021/04/19

  • SHARE

同胞対決制したオフチャロフが第2戦王者に<卓球・デュッセルドルフマスターズ>写真:ドミトリ・オフチャロフ/提供:ittfworld

国際大会 同胞対決制したオフチャロフが第2戦王者に<卓球・デュッセルドルフマスターズ>

2021.04.20 文:ラリーズ編集部 <卓球 デュッセルドルフ・マスターズ第2戦 2021年4月18日>

デュッセルドルフ・マスターズ2021の第2戦が18日に行われ、ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)が優勝を果たした。

>>ブンデスリーガ今季25勝右腕、ドイツの卓球大会第1戦優勝<デュッセルドルフマスターズ>

デュッセルドルフマスターズ2021とは

デュッセルドルフマスターズは、ドイツ卓球連盟の支援のもと、ブンデスリーガの強豪、ボルシア・デュッセルドルフが主催しているシングルスの大会。試合方式は、第1戦では予選リーグと決勝トーナメントに分けられていたが、第2戦では参加選手全員によるトーナメント戦のみとなった。

また、デュッセルドルフマスターズは毎試合参加選手が異なるのが特徴で、第2戦にはドイツ・ブンデスリーガのクラブに所属する選手に加えて、世界トップ選手枠として、ドミトリ・オフチャロフ、リアム・ピッチフォード(イングランド)、クリスチャン・カールソン(スウェーデン)、ベネディクト・デューダ(ドイツ)がシードとして参戦した。

オフチャロフが同胞対決を制す

現在32歳のオフチャロフは、ロシアリーグの強豪、オレンブルクに所属しながら、現役のドイツ代表として数多くの国際大会でも活躍しているトッププレーヤー。先日行われた、WTTコンテンダードーハで張本智和(木下グループ)を準決勝で破り、優勝を果たしたことは記憶に新しい。

ドミトリ・オフチャロフ
写真:ドミトリ・オフチャロフ/提供:ittfworld今大会準決勝でCedric Meissner(ドイツ)に勝利したオフチャロフは、決勝でベネディクト・デューダと対戦。デューダはドイツ国籍の選手で、2018年のチームワールドカップではオフチャロフと共にドイツ代表に選出されていた実力者だ。

ベネディクト・デューダ
写真:ベネディクト・デューダ/提供:ittfworldお互いに手の内を知り尽くした同胞対決となった決勝戦だったが、試合はオフチャロフが圧巻のストレート勝ちで決着。元世界ランキング1位の貫禄を見せつけ、デュッセルドルフマスターズ2021第2戦の王者となった。

次戦のデュッセルドルフマスターズは4月25日に予定されている。第3戦にはどんな選手が参加するのか、注目が集まる。

デュッセルドルフマスターズ第2戦結果

決勝戦

〇ドミトリ・オフチャロフ 3-0 ベネディクト・デューダ(ドイツ)
11-8/12-10/11-7

準決勝

〇ドミトリ・オフチャロフ 3-1 Cedric Meissner(ドイツ)
7-11/11-9/11-8/11-8

〇ベネディクト・デューダ 3-1 Benno Oehme(ドイツ)
9-11/11-0/11-4/11-5

準々決勝

〇ドミトリ・オフチャロフ 3-1 Tobias Hippler(ドイツ)
11-7/7-11/11-8/11-9

〇Cedric Meissner 3-1 リアム・ピッチフォード
11-5/12-10/5-11/12-10

〇ベネディクト・デューダ 3-1 Nils Hohmeier(ドイツ)
11-5/11-3/7-11/11-6

〇Benno Oehme 3-2 クリスチャン・カールソン
8-11/11-9/4-11
(※カールソンがケガにより途中棄権)

元ブンデスリーガー・森薗政崇インタビュー

写真:森薗政崇(BOBSON)/提供:伊藤圭/Unlim
写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭>>森薗政崇流“高校卓球恩返しプロジェクト”始動 「居ても立ってもいられなかった」

>>第1話 「恐怖のオヤジ」1日7時間の練習…森薗政崇「俺は卓球マシーンか!」

>>第2話 森薗政崇、エース水谷との激闘で挙げた64年ぶりの快挙 そして「ゾーン体験」

>>第3話 2年前のトラウマを超えて。卓球森薗・大島ペア、「卓球の閃き」とは

  • SHARE

RANKING

記事に関連する人気商品

FEATURED MEDIA

人気の記事