【ハンドボール】東俊介 SHUNSUKE AZUMA Vol.2「夢は、ハンドボールをメジャーにすること」

ハンドボールで日本一に9度輝き、日本代表ではキャプテンを務めた東俊介氏。引退後は複数のスポーツ関係企業で仕事をする“パラレルワーカー”として活動する。
野球やサッカーのような大きな市場にはなっていないマイナー競技の世界で戦ってきたからこそ見える、これからの日本のスポーツ界に必要なものとは。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

平田ゼミでの濃厚すぎる1年

――東さんは現役引退後に早稲田大学大学院で学んでいますが、これはどんなきっかけがあって入られたんですか?

まだ現役の頃にお世話になっていたノンフィクションライターの田崎健太さんに「トップスポーツビジネスの最前線」という本を勧められて読んでいました。それが後に恩師となる平田竹男先生の著書なのですが、読んでいて「トリプルミッション」という概念を初めて知りました。スポーツをビジネスにしていく上で、“勝利・普及・市場“の3つを好循環させていくことが大事なんだと。市場のところは今では”資金“と表現されていますけれど、その本を読んでトリプルミッションを意識するようになりました。

――平田先生の本を読まれて、実際に門下生となられたきっかけは?

田崎さんが早稲田でスポーツジャーナリズム論という講義を持たれていて、その講義内で行う模擬インタビューのインタビュイーとして、同じ大崎電気に所属していた早稲田出身の猪妻正活くんと呼ばれたんですね。そのときに「ハンドボールをメジャースポーツにしたい」と話していたら質問者に「日本の中でメジャースポーツといったらバレーボールやバスケというイメージがありますけど」と言われて、「いや、僕はバレーボールもバスケもメジャースポーツではないと思っています」という話をしたんです。僕の中でメジャースポーツという切り口は、その世界で食べられるかどうか。それは選手としてだけでなく、メディアがあったり、解説の仕事があったり、引退後にその知名度を生かしてタレント活動ができたり。つまり競技に関わる経済圏が築けているかどうかなんです。

――その意味ではやはり野球やサッカーになりますよね。

だから「日本でメジャースポーツと言ったら野球やサッカー、相撲とかではないですかね」という話をしていたらそれを平田先生が聞いていらしたんです。その講義が終わった後に食事しましょうということになりました。そこで平田先生に「ハンドボールは何が問題なんですか?」と聞かれたときに、僕はトリプルミッションの話をしたんです。

――平田先生に、ですか?

そうなんですよ(笑)。本の内容は覚えていても先生の顔は覚えていなかったので、目の前にいる方が著者とはわかっていなかったんです。僕は平田先生の著書に書いてあるままのことを平田先生ご本人に熱弁していて、もう「釈迦に説法」どころの話じゃなかったです(笑)。

――それで気に入られたわけですか?

今考えると本当に恥ずかしいというか、とんでもないことをしたなと思うんですけど、平田先生は「うん、うん」と聞いてくださいました。その後、田崎さんを通じて「あいつ面白いじゃないか。大学院に来たらどうだ?」ということを言われて、「ぜひ受けたいです」と。それで人生が変わりましたね。

――実際にはどうやって入られたんですか?

試験前に研究計画書というものを提出する必要があって、主にメールでのやり取りですけど面接を10回ほどやります。今思うと入学前に卒業できる論文が書けるというか、ほとんど完成していないと入れてもらえないわけです。1年間なので相当厳しくて、最初はまったくついていけなかったです。生まれて初めて寝ないで勉強しました。

――やはり入る時点でかなりハードルが高いわけですね。ゼミではどんなことを学ばれたんですか?

スポーツをビジネスとする上で必要な知識をつけるため、統計学やマーケティング、MBAなどについて基礎から学びましたが、机上ではなく、各界の最前線で活躍されているような方々から表では言えないような生々しい事例を題材に互いが先生となって教え合うようなスタイルでした。僕は元プロ野球選手の桑田真澄さんと同期だったのですが、プロ野球球団で勤務なさっている方やプロスポーツリーグのマネジメントを担っていた方、世界的なスポーツメーカーや飲料メーカーでマーケティングの責任者を務めている方やなど、錚々たるメンバーの中で必死に学ばせていただいた、本当に濃厚な1年でしたね。

関連記事