【ハンドボール】東俊介 SHUNSUKE AZUMA Vol.1「脱・マイナースポーツ」

ハンドボールで日本一に9度輝き、日本代表ではキャプテンを務めた東俊介氏。引退後は複数のスポーツ関係企業で仕事をする“パラレルワーカー”として活動する。
野球やサッカーのような大きな市場にはなっていないマイナー競技の世界で戦ってきたからこそ見える、これからの日本のスポーツ界に必要なものとは。
「SmartSportsNews」の独占インタビューを3回に分けてお届けする。

スポーツは“ビジネス”にしなければいけない

――東さんは「当たるんですマーケティング」で取締役を務められている他、「アーシャルデザイン」でのチーフブランディングオフィサーや「琉球アスティーダ」の取締役など、多くの肩書きを持ったパラレルワーカーとして活躍されています。アスリートとして類を見ないキャリアデザインだと思いますが、現役の間からハンドボールやスポーツ界に対して問題意識を持って取り組まれてこられたと聞きます。まずはどんな問題意識を持たれていたのか聞かせてください。

きっかけは2000年ですね。私は大崎電気という企業チームに所属していましたが、社会人2年目のときに大崎電気の女子ハンドボールチームが廃部になったんです。それは大きなインパクトがありました。当時、女子チームは日本一を決めるプレーオフに出場するほど強くて、それに対して男子は下部リーグとの入れ替え戦を戦っていたんです。男子チームより女子チームのほうが強くて、社内でも愛されていました。

――自分たちよりも強くて愛されていたチームが廃部になって、自分たちが残るというのは確かに大きな出来事ですね。

もう一つが、僕がアテネオリンピックに向けた日本代表チームに入っていた頃ですね。当時、ホンダがかなり強化にお金を使っていて世界のMVP選手を獲得してきたんですよ。サッカーで言えばメッシやクリスティアーノ・ロナウドみたいな選手が日本でプレーしていて、もうすごく強かったんです。それがリーグ6連覇の祝勝会の席で活動を縮小することが発表されて、お世話になった先輩方が「俺たちは何をやってきたんだ。強くても、勝っても、頑張っても、何にも意味がないじゃないか」と。そう言っていたのがものすごく強烈に残っています。それが2003年でした。

――大崎電気だけではなく、ハンドボール界全体が苦しい状況だったわけですね。

ハンドボールというスポーツ自体に人気がないのはわかっていました。やはり野球やサッカーのようなメジャースポーツとは違うわけですよね。2004年に大阪近鉄バッファローズの球界再編の動きがあった時に、やはりスポーツはビジネスにしなければ立ち行かないと思わされましたね。僕たちはずっと「オリンピックに出ればハンドボールはメジャーになれる」と言い聞かされてきて、僕も「そうなんだろうな」と思っていました。でもよくよく考えればそんなことはない。女子のソフトボールやレスリング、なでしこジャパンはみんなオリンピックやワールドカップで優勝しているのにメジャースポーツの仲間入りはできていませんよね。

――世界一になっても難しいというのが現状ですね。

そうした例を見てきて、やはりスポーツはビジネスにしなければいけないと思うようになりました。それから大崎電気もチームとして変わるきっかけがありました。

関連記事