バスケットボール,サイズ

バスケットボールのサイズの種類と具体的な大きさや重さ

バスケットボールを購入するためにスポーツショップに行くと、どのショップでもズラリとバスケットボールが並んでいます。

メーカーもデザインも様々ですが、これからバスケットボールを始める人からすると「どの大きさのバスケットボールを購入すればいいの?」と迷ってしまうはずです。

年齢や性別などによって適正なボールサイズというものがあるので、適当に購入するのはNGです。

この記事では、そんな「バスケットボールのサイズの種類と具体的な大きさや重さ」について解説していきたいと思います。

バスケットボールのサイズの種類

冒頭でも挙げた通り、バスケットボールにはサイズの違いがあります。

それぞれ大きさも違えば重さも違うので、自分がプレーするカテゴリーをしっかりと把握し、そのカテゴリーに適したボールを購入しなければなりません。

遊びで使用する分にはどのようなサイズのボールでも構いませんが、部活や社会人クラブなどで練習用として使用する場合には、正しいサイズのボールを使用するべきでしょう。

それでは、各バスケットボールのサイズや重さなどを挙げていきましょう。

5号ボール

バスケットの5号ボールは、主に「ミニバスケット(通称ミニバス)」で使用されます。

ミニバスとは、小学生年代のバスケットボールのことです。

・直径約22㎝

・周囲69㎝~71㎝

・重量470g~500g

このサイズや重さが5号ボールの詳細になります。

素材に関しては、人工皮革、合成皮革、ゴムなどの種類がありますが、どれもサイズや重量は上記の範囲内となっています。

他のサイズのボールで存在する「天然皮革」のボールは存在しないので、ショップなどで探してみても見つかりません。

公式戦では、人工皮革のバスケットボールが使用されます。

中学生になると使用するボールのサイズが変わるので、中学でもバスケットを続ける子は小学校6年生の後半くらいから大きいサイズのボールに少しずつ慣れておいた方が良いと言えるでしょう。

同じ5号ボールでも30g程度重さに違いがあるので、学年が低い子や女の子はなるべく軽めのボールを購入する様にしましょう。

6号ボール

ミニバスよりも一回り大きい作図のバスケットボールが「6号ボール」です。

・直径約23.2㎝

・周囲72.4㎝~73.7㎝

・重量510g~567g

このサイズ感を見てわかる通り、大きさはもちろん重さもかなり5号ボールとは違ってきます。

使用する年代や性別は、「中学生、高校生、大学生、社会人の女性」となります。

ちなみに、平成24年までは中学生男子も6号ボールを使用していましたが、平成25年からは7号ボールを使用する規定となりました。

6号ボールからは、天然皮革も使用されるようになります。

7号ボール

女性が使用するよりも一回り大きいサイズが「7号ボール」です。

・直径約24.5㎝

・周囲74.9㎝~78㎝

・重量567g~650g

これらの数字を見てわかる通り、小学生や女性の5号ボールや6号ボールと比べるとかなり大きくなっています。

先述した通り現在では中学生の男子も7号ボールを使用するようになりました。

しかし、中学1年生の男の子はまだ身長も低く手の大きさも小さいので、プレーしにくいケースもあるようです。

7号ボールも人工皮革、合成皮革、ゴムの他に天然皮革のボールが使用されています。

6.5号ボール

この「6.5号ボール」は、日本国内では使用されないサイズのボールなのですが、1つの知識として知っておきましょう。

6.5号ボールを使用するのは、世界最高峰のバスケットボールプレイヤーたちがプレーする「NBA」の舞台です。

7号ボールよりも若干小さめのボールを使用することで、エンターテイメント性を高めているのです。

4号ボール

ミニバスの公式球は5号ボールですが、小学校低学年の子は「4号ボール」を使用することもあります。

・直径約21㎝

・周囲65㎝~67㎝

・重量280g~300g

このように、5号ボールよりも小さく作られているので、小さな子もリングまで届きやすいと言えるでしょう。

2号ボール

2号ボールは、主に「サインボール」として使用されます。

・直径約15㎝

・周囲47㎝

・重量168g~250g

このように、実際にプレーすることができないほど小さなサイズとなっています。

ただし、見た目や触り心地はバスケットボールと同じようになっているので、安っぽい感じはありません。

バスケ関係の記念品として使用するのもおすすめです。

関連記事