バスケットボール,歴史

バスケットボールの歴史を知りより深くバスケを愛そう!

バスケットボールの競技人口がどれほどの規模なのかをご存じでしょうか?

世界的に大人気のスポーツであるサッカーが約2億5千万人なので、それよりは少ないかなと思う人も多いかもしれません。

正解は「約4億5千万人」です。

日本では圧倒的にサッカー人気の方が高いのですが、世界的に見るとバスケットの方が多くの人がプレーしているのです。

いったいなぜバスケットボールはこれほどまでに有名な世界的スポーツとなったのでしょうか?

この記事では、そんな「バスケットボールの歴史」について解説していきたいと思います。

バスケットボールの歴史

バスケットボールというスポーツが誕生したのは、1981年のことでした。

アメリカのマサチューセッツ州スプリングフィールドにある国際YMCAトレーニング・スクールにおいて、体育担当のジェームズ・ネイスミスという教師が考案したのです。

冬の間に体育館でプレーできるゲームはないかと考え、バスケットボールは始まりました。

当初は今行われているようなリングではなく、バスケットボールかごにボールを入れていました。

これが「バスケットボール」というスポーツ名の由来となっているのです。

当初はバックボードもなかったのですが、2階の観客がシュートを妨害するという事態が起きたことによってバックボードが設置されるようになりました。

ちなみに、現在ではプロの試合はバックボードは透明になっていて、観客からも見やすくなっています。

そこでプレーした多くの留学生によって、世界中にバスケットボールが広まっていったのです。

ネイスミスは、バスケットボールを考案する前にサッカーやアメフト、ラクロスなど様々なスポーツを屋内で行おうとしましたが失敗に終わり、最終的にバスケットボールを考案したそうです。

国際バスケットボール連盟発足

1932年に国際バスケットボール連盟が発足すると、加盟国は一気に8各国となりました。

ちなみに現在では5つの大陸連盟により組織されていて、200を超える国が加盟国として加わっています。

オリンピック競技に採用

バスケットボールは、短期間で競技人口が増えていき、1936年にはベルリンオリンピックで正式種目に加わりました。(この時は男子のみ)

女子は1976年モントリオールオリンピックから正式種目として採用されたので、当初は男子のスポーツという印象が強かったのです。

プロリーグの発足

バスケットボールの発祥の地であるアメリカでは、1946年に男子プロバスケットリーグ(BAA)が創設されました。

その3年後、NBLと合併して現在も続いている「NBA」が誕生しました。

当初はABAという対抗するバスケットボールリーグが存在しましたが、1976年に消滅しNBAの圧倒的な地位が確立したのです。

関連記事