• HOME
  • 記事
  • バスケットボール
  • 【NBA】八村塁、後半に3P連発で逆転勝利に貢献!アシストとブロックも今季最多と躍動…ネッツは泥沼10連敗<DUNKSHOOT>

【NBA】八村塁、後半に3P連発で逆転勝利に貢献!アシストとブロックも今季最多と躍動…ネッツは泥沼10連敗<DUNKSHOOT>

12得点、4アシスト、2ブロックの活躍で勝利に貢献した八村。第3Qには2連続で3ポイントを沈めた。(C)Getty Images
 現地時間2月10日(日本時間11日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズはホームでブルックリン・ネッツと対戦して113-112で勝利。八村塁は途中出場で21分44秒プレーし、12得点(フィールドゴール5/8、3ポイント2/2)、4リバウンド、4アシスト、1スティール、2ブロックを記録した。

 今季15試合目の出場となった八村は第1クォーター残り6分42秒にコートに入ると、同5分19秒にステップバックジャンパーを決めて初得点。一度ベンチへ下がって迎えた第2クォーターにも残り5分49秒にターンからジャンパーを沈めて、4得点、2リバウンド、2アシストで前半を終えた。

 後半、八村がさらに存在感を放つ。チームが1点差に迫った第3クォーター残り5分42秒に投入されると、直後の攻撃でミドルショットを成功。同2分45秒に相手のレイアップを豪快にブロックする好守を見せたほか、2分8秒、1分7秒には両サイドから立て続けに3ポイントを決めて逆転に導いた。
  第4クォーターは得点こそなかったものの、冷静な判断から2本のアシストを記録。2戦連続の2桁得点に4アシスト&2ブロックは今季最多、出場時の得失点差はゲーム最多の+11を記録し、チームの勝利に貢献した。

 試合は前半を55-59と4点ビハインドで折り返したウィザーズが、第3クォーターに八村の8点を含む31-19と制して連敗を2でストップ。同日のトレード・デッドラインで4選手が去ったなか、カイル・クーズマがキャリア初のトリプルダブル(15得点、13リバウンド、10アシスト)、ハウル・ネトが21得点、アンソニー・ギルが15得点、デニ・アブディヤとトーマス・ブライアント、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープが各13得点と一丸で勝利を掴んだ。

 一方、接戦を落としたネッツは泥沼の10連敗。同日にジェームズ・ハーデンを放出して迎えた難しい状況のなかでカイリー・アービングが31得点、ルーキーのキャメロン・トーマスが27得点とチームを牽引したが及ばなかった。

 25勝29敗でイースタン・カンファレンス11位のウィザーズは次戦12日、ホームでサクラメント・キングスと対戦する。

構成●ダンクシュート編集部

関連記事