• HOME
  • 記事
  • 野球
  • 鳴門のエース富田遼弥が“V候補”大阪桐蔭を3点に抑える好投!徹底したインコース攻めに自己評価は「90点」

鳴門のエース富田遼弥が“V候補”大阪桐蔭を3点に抑える好投!徹底したインコース攻めに自己評価は「90点」

大阪桐蔭を相手に3失点に抑えた富田は試合後には自信を覗かせていた。写真:滝川敏之
「90点です」

自己採点を聞かれた、鳴門のサウスポー・富田遼弥は力強くそう言い切った。

無理もない。昨年秋の神宮大会を制した強打の大阪桐蔭打線を8回8安打3失点(自責2)に抑える好投を見せたのだ。それに、である。

コロナウイルスの感染拡大の影響により、鳴門は年明けから対外試合を実施できないでいた。紅白戦を積むことしかできず、そんななかで迎えた優勝候補との対戦だった。

鳴門・森脇稔監督は試合勘の鈍りを感じながらも、プラス面の方が多かったという。

「子どもたちは早く試合がしたいということで、ウズウズしていたというか、待ちに待ったという感じでした。試合ができる喜びを常に持っていました。大阪にきてからも、雰囲気は良かったです」

そのなかでの富田の快投である。

1回は先頭の伊藤櫂人をセンターフライ、2番の谷口勇人をセカンドゴロに切ると、ドラフト候補と騒がれる3番の松尾汐恩を三振に斬って取る最高の滑り出しを見せた。

富田は言う。

「大阪桐蔭の打線はどのバッターもしっかり踏み込んできて、強く振ってくるバッターが揃っていました。だから、キャッチャーと話して、うまくインコースや高めを使いながら、打者の身体を起こしたり、タイミングを外したりすることを心がけました。(初回の松尾に関しては)どんどんインコースを攻めていこうと話していたので、それが狙い通りできたのでとても良かったです」
3回に2死二塁からテキサスヒットを浴び、さらには4番の海老根優大には甘くなったストレートを右中間に弾き返されて2失点を喫したものの、4回以降は要所を締める小気味のいいピッチングだった。

なかでも光ったのはインコースの使い方だ。

鳴門の捕手・土肥憲将が右打者の後ろに構えるほど徹底したインコース攻めだった。ここにストレートとスライダーを出し入れして、大阪桐蔭打線をうまく封じたのだった。

7回表に、2死一二塁から8番の富田が自ら中前適時打を放って1点差に詰め寄った。森脇監督は「うちのペースで試合が進んでいる」と発破を掛けたほどで、試合の趨勢は終盤を迎えた時はほとんどわからないものと言ってよかった。

しかし、次の1点は大阪桐蔭に入る。

1死から5番の丸山一喜に左中間を破る二塁打を許す。6番の田井志門を一塁ゴロに打ち取るも、これを一塁手が弾き、一三塁。続く星子天真にスクイズを決められ1失点を喫した。

鳴門打線は反撃できず、このままゲームセット。1-3という接戦ながら、鳴門はあと一歩及ばなかった。
敗因はさまざま挙げられるが、8回の失策がそうだったように、投手の富田を援護できなかったところは否めない。森脇監督も「守備の部分で課題が出ました」と試合を振り返っている。ただ、その点は実戦不足を考慮しなければいけない。

この日は8回以外にも三塁手の暴投など、守備がバタついている印象もあった。打線も富田が粘りのピッチングを見せても反撃に転化できないところは試合勘の鈍さを感じずにはいられなかった。

森脇監督は言う。

「本来だったら、『よくやったな』というような試合でしたけど、もう少し実戦ができたらもっといい形ができたかなっていうのはあります。今日みたいに打てない試合はありますから、そこでエラーをしないのは大事になってきます。その辺りは課題です」

好ゲームだった、もう少し踏ん張れればなんとかできたかも知れない試合だった。それだけに、チームとしては悔しすぎる敗戦だったと言えるだろう。

一方、そんな中でもエースの富田にとっては貴重な経験になったはずだ。

「90点」と胸を張っていたコメントにも掴んだ自信が垣間見えるし、今後に向けても楽しみな材料となっただろう。
富田は言う。

「全国の優勝候補である大阪桐蔭を相手に3点に抑えられたのは自信になりました。あとは味方のエラーをカバーしたり、追い込んでから打たれたことはまだ詰めが甘いと思う。そういうところでしっかり三振の取れるピッチャーになっていきたいと思います」

富田は目標とする投手に高校の先輩である河野竜生(日本ハム)を挙げている。同じサウスポーで公立校から社会人を経てプロに行った姿に自身を重ねているところもあるのだろう。

「(自分は)大学に進むつもりではいますけど、そこでレベルアップができれば。いずれはプロを目指していきたい」

鳴門からは河野やそれより上に当たる板東優悟(ソフトバンク)など好投手がプロへと巣立つようになってきている。富田は先輩に続けるか。実戦経験不足の中で見せた快投劇を活かしたい。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【関連記事】大会屈指の強打者・佐々木麟太郎をいかに封じたか。市立和歌山のエース米田天翼が見せた“勝てる投手”の理想形

【関連記事】天理の長身エースが“たった2球種”で星稜に挑んだ意義。全国舞台で掴んだ自信「もっと打者を抑えられる投手に」

【センバツ高校野球PHOTO】甲子園を沸かせるセンバツ高校野球の注目選手を厳選紹介!

関連記事