• HOME
  • 記事
  • 野球
  • 米メディアが開幕4番を予想! “キッカケ”を掴んだ筒香嘉智にロックアウト下で高まる期待

米メディアが開幕4番を予想! “キッカケ”を掴んだ筒香嘉智にロックアウト下で高まる期待

パイレーツで本来の打力を発揮した筒香。そのハイパフォーマンスは今季も大いに期待される。(C)Getty Images
2月23日(現地時間)、MLB機構と選手会の新労使協定を巡る交渉がフロリダ州ジュピターで行なわれたが、またも妥結には至らなかった。予定通りの開幕に向けては2月28日がデッドラインとなっているが、現時点で交渉の進展は見られていない。

選手のみならず、メディアやファンも気を揉んでいる。そんななか、開幕への期待の現れか、米専門メディア『SB Nation』は、筒香嘉智が所属しているピッツバーグ・パイレーツの開幕スタメン予想を行なった。

注目の開幕ラインナップは以下のとおりである。

1番:ケブライアン・ヘイズ(サード)
2番:ベン・ギャメル(ライト)
3番:ブライアン・レイノルズ(センター)
4番:筒香嘉智(DH)
5番:マイケル・チャビス(ファースト)
6番:コール・タッカー(セカンド)
7番:ケビン・ニューマン(ショート)
8番:アンソニー・アルフォード(レフト)
9番:ロベルト・ペレス(捕手)
J.T. ブルベイカー(投手)
ハッキリ言ってしまえば、昨季とほぼ変わらないラインナップではある。だが、今季の開幕予想には、筒香の名前が挙がっている。それも4番で、だ。

昨季の開幕時の筒香はタンパベイ・レイズに所属。しかしながら深刻な打撃不振に陥り、5月にロサンゼルス・ドジャースに移籍。しかし、新天地で成果を上げきれずにマイナー落ちを経験した。

それでも8月からパイレーツに加わると、一気に流れが変わった。本来のパワフルな打力を取り戻した筒香は、出場わずか43試合ながら、打率.268、8本塁打、25打点、OPS.883とハイアベレージをマーク。下位に低迷したチームにあって欠かせない存在となった。

オフシーズンにフリーエージェントとなったものの、「ピッツバーグに戻りたい気持ちがすごく強かった」と年俸400万ドル(約4億5000万円)の1年契約を締結。パイレーツ・ファンからも熱い歓迎を受けた。

ナショナル・リーグに所属しているパイレーツは、昨季までDH制がなかったため、筒香はその時々でファースト、レフト、ライトなど複数のポジションをこなした。しかし、今季から両リーグともにDH制を採用されるため、より30歳のサムライは、より活躍しやすい環境が整えられたと言っていい。

昨シーズン終盤に飛躍のキッカケを掴んだ筒香。来る新シーズンでは、継続して結果を残せるかに注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】で、鈴木誠也は結局どこに入団するの?候補チームの現状を改めておさらい<SLUGGER>

【関連記事】大谷翔平の隣にあった闇――。若手左腕の死をめぐる裁判で見えてきたエンジェルス薬物乱用の実態<SLUGGER>

【PHOTO】イチロー、松井秀喜、ダルビッシュ…MLBで活躍した歴代日本人選手を一挙振り返り!

関連記事