• HOME
  • 記事
  • 野球
  • 「コロナが終われば解決」は理想論。スポーツ界が直視すべきリアルな現実

「コロナが終われば解決」は理想論。スポーツ界が直視すべきリアルな現実


2022年のスポーツ界で大きなテーマとなりそうなのが「観客数制限解除」です。新型コロナウイルスの感染拡大に怯えて過ごしてきた2年間でしたが、Jリーグはついに新シーズンから観客数の制限を設けずに試合の開催を目指すことを発表しました。

満員のスタジアムで、仲間と一緒にチームを応援する光景が戻ってくるかもしれません。しかし、日本で数少ないカジノの専門研究者である木曽崇氏はこの見方に警鐘を鳴らします。

「コロナが終わればお客様が戻ってくるというのは理想論」という、木曽氏に日本スポーツ界の未来を伺いました。

■クレジット
取材=北健一郎
文=川嶋正隆

■目次
日本で開催された五輪でも4割は興味なし
観戦はライブからオンラインに移行
ビジネスモデルを変えるタイミング
オンラインで代替可能な業界を生き残るためには?

日本で開催された五輪でも4割は興味なし

──木曽さんはYouTubeチャンネルで“スポーツ観戦率”の調査をされていました。これは何を検証するために行なっているのでしょうか?

木曽崇(以下、木曽) 東京五輪という大きなイベントが、スポーツ観戦に与える影響を調査することが目的です。五輪を誘致する際に、さまざまな論争がありました。その1つである経済効果については、無観客開催となったため思い描いていた結果は実現していません。

もう1つ言われていた「五輪を開催することでスポーツに対する興味、関心が高まる」という部分が、本当なのかは誰も検証していません。そこをもう少し数字で見ていきたいなというのが調査の目的です。

──調査の結果、五輪開催の影響はありましたか?

木曽 2020年との比較で、何かしらのスポーツ競技を観戦した方が15%増加しました。これはスポーツ業界にとっては大きな成果だといえます。

──どういったスポーツの観戦率が増加したのでしょうか?

木曽 主に五輪で扱われるようなマイナースポーツの観戦率が、メジャー競技と比べて顕著に上がっています。アマチュアスポーツの祭典と言われる五輪ならではの現象です。また、野球やサッカーなど、五輪がない通常の年でも観戦率が高い競技も、ベースが上がっています。

──なかでも印象的だった競技はありますか?

木曽 観戦率が18.2%だった卓球です。日本のスポーツ界は、2020年のデータが示すように野球(20.5%)、サッカー(14.7%)、相撲(11.3%)の順番で観戦率が高い。しかし2021年は、卓球が相撲(12.0%)を上回りました。

他にも水泳(14.4%)、陸上(16.0%)、バレー(13.4%)など、アマチュアスポーツであり、五輪でメダルの期待が高い競技が、相撲を大きく上回る結果になりました。

──メジャー競技の野球とサッカーは、もともとの高い数字からさらに伸ばしています。この2競技の分析はいかがでしょうか?

木曽 データを見ていると、サッカーよりも野球がうまくやっている印象です。それは野球に関する好材料が多かったためです。

昨年はセ・リーグはヤクルト、パ・リーグはオリックスと、前年に最下位だったチームがそれぞれ優勝しています。また、メジャーでは大谷翔平選手が活躍しましたし、五輪では金メダルを獲得しました。高校野球を見ても2020年は交流試合でしたが、2021年は甲子園が復活しました。このような好影響が、いい数字が出ている要因だと思います。

一方でサッカーは、Jリーグが奮わない。観戦率はマイナスではないですが、野球の国内リーグの増え方と比べると、横ばいに近いです。サッカーの五輪代表については、観戦率が5%増加しています。しかしそれが国内リーグへの興味・関心に繋がっていません。

ただ、これはあくまでも野球との対比。今年は野球が出来すぎているので、サッカーにとってはかわいそうな結果でもあります。

──野球とサッカーで差ができた要因は?

木曽 2021年の野球は、出来すぎです。話題になるようなニュースがたくさんありました。その野球と比べてしまうとサッカーはかわいそうですが、一方で構造上の問題もあると思います。

野球の五輪チームは、国内リーグの選手たちから選ばれて結果を残しました。しかしサッカーは基本的に海外組です。五輪代表が活躍しても、日本で彼らの活躍を見る機会が少ないため、観戦に繋がりにくい。五輪代表に興味ある人が、国内リーグの視聴に移る可能性はかなり低くなってしまいます。

──スポーツへの興味・関心が増加したなかで、現地での観戦はどの程度増えたのでしょうか?

木曽 野球とサッカーについてさらに分析している段階ですが、残念ながら会場に足を運んだ方は増えていません。実際に会場へと足を運んだ方は、サッカーは全体の4%、野球は全体の5%となりました。

この数字は、2020年も2021年も変わっていません。どちらの年も、観戦に対して大きな制限があったので、このような低い数字になったのだと思います。

──東京五輪を経て、アマチュアスポーツはマスメディアで取り上げられる機会が増えました。一方で今後は露出が低下し、競技情報がユーザーに届きにくくなることが予想されます。

木曽 それは多くのアマチュアスポーツが抱える問題点です。水泳、卓球、バレーは、五輪の好影響で顕著に観戦率が増えました。ただ、継続的に見る環境があるかといえばそうではない。ほとんどのアマチュアスポーツ競技は、放送そのものがありません。五輪に興味を持った方々が、2022年も同じように観戦するかといえば、難しいと思います。

それに五輪は4年に1回行なわれているスポーツの祭典。しかし2020年の時点で、45.4%の人たちしかスポーツを観戦していません。2021年はそれが60.7%にまで上昇しましたが、今後の数年で低下する。そしてまた五輪で上がるといったことを繰り返しているのです。

──日本で行なわれた五輪でも、およそ6割しか観戦していなかった事実に驚きました。

木曽 いずれかの競技を観戦した方は6割で、日本開催でも4割は関心がない。そういうものだと改めて思いました。

関連記事